• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服20129868 審決 商標
不服201216233 審決 商標
不服201221596 審決 商標
不服20129869 審決 商標
不服20128234 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 X0941
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 X0941
管理番号 1268474 
審判番号 不服2012-12392 
総通号数 158 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-02-22 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-06-29 
確定日 2013-01-21 
事件の表示 商願2010-80137拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲1のとおりの構成からなり、第9類及び第41類に属する願書記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、平成22年10月14日に登録出願されたものであり、その後、本願の指定商品及び指定役務については、原審における同23年8月1日付け手続補正書により、別掲2に記載のとおりの商品及び役務に補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、多数の麻雀牌が複数段に積み上げられた状態を表してなるところ、インターネット上の情報において、本願商標に似た配列が、ゲームの代表的な配列である旨紹介されていることからすれば、本願商標は、その指定商品及び指定役務との関係においては、例えば、『上海』等の名称で知られる、積み上げられた麻雀牌を一定のルールに従って取り除いていくパズルゲームの一場面を表したものと容易に認識されるというのが相当である。そうとすると、本願商標を、その指定商品中の上記ゲームを内容とする『家庭用ビデオゲームおもちゃ用プログラム』や、その指定役務中の『オンラインによるゲームの提供及びこれに関する情報の提供』等、上記ゲームを内容とする商品及び役務に使用しても、これに接する需要者等は、単に商品の品質、役務の質を普通に用いられる方法で表示したにすぎないものとして認識するにとどまり、自他商品及び自他役務の識別標識としては機能しないものというべきである。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品及び役務以外の商品及び役務に使用するときは、商品の品質又は役務の質の誤認を生ずるおそれがあるから、同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、麻雀牌及びそれに類似する牌の表面に描かれた図や文字が見えるように5段に積み上げてなるものを、その牌の2方の側面が見える角度から俯瞰した様子を表したと認識されるものであって、例えば、最上段(5段目)には「イーワン」の牌が配置され、かつ、1段目の最上列(本願商標の上端部分)には、左から順に「サンソー」、「チーソー」、「サンワン」、「ナン」、「チーワン」、「ローソー」、「ウーワン」、「ハツ」、「ローソー」、「ローソー」、「スーワン」及び「シャー」の各牌が配置されているように、合計144個の牌(そのうち図や文字が確認できるものは88個であり、残りは各段にすき間なく配されていると推認される。)を別掲1のとおりに配置した様子を表してなるものであるところ、例えば、本願の指定商品及び指定役務中に含まれる「家庭用ビデオゲームおもちゃ用プログラム」や「オンラインによるゲームの提供」との関係において、その販売、提供に係るゲームには、ゲームの内容を構成する要素として、麻雀牌を用いるものが少なからずあるとはいえるものの、その用い方は様々であり、上記した本願商標と同様の構成態様からなるものが、一般に広く用いられる方法であるとまでははいい難い。
また、上記ゲームの画面には、通常、ゲームの進行の程度を視認できるようにするための得点等の表示部が存するところ、本願商標の構成中には、そのような表示部は見当たらないことからすると、本願商標は、原審が説示するパズルゲームの一場面を表したものとは認め難い。
さらに、当審において職権をもって調査するも、本願の指定商品及び指定役務を取り扱う業界において、本願商標と同様の構成態様からなるものが、商品の品質、役務の質を表示するものとして、取引上、普通に使用されているという事実は見いだし得なかった。
してみれば、本願商標は、これをその指定商品又は指定役務に使用しても、商品の品質又は役務の質を普通に用いられる方法で表示してなる商標とはいえないものであり、また、商品の品質又は役務の質の誤認を生じさせるおそれはないものと判断するのが相当である。
したがって、本願商標を商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲1
本願商標

(色彩については、原本参照のこと。)

別掲2
本願の指定商品及び指定役務
第9類「電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品,電子出版物(文字データを含む),携帯電話機用ゲームプログラム,コンピュータ用のゲームプログラム,家庭用ビデオゲームおもちゃ用プログラム,携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用プログラム,家庭用テレビゲームおもちゃ,業務用テレビゲーム機,コンピュータ用ゲームプログラムを記憶させた記録媒体,家庭用ビデオゲームおもちゃ用又は携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた記録媒体,録音済み又は録画済みのDVD・磁気ディスク・コンパクトディスク・光ディスク・光磁気ディスク,ダウンロード可能な映像・音楽・画像,インターネットを利用して受信し、及び保存することができる音楽ファイル,インターネットを利用して受信し、及び保存することができる画像ファイル,電子計算機用プログラム,携帯情報端末機用プログラム,データ通信端末機用プログラム,携帯電話機用のプログラム,コンピュータ用プログラムを記憶させた記録媒体,コンピュータプログラム用記録済み磁気カード,録音済みの磁気カード,録画済みの磁気カード,光カード・ICカード・磁気カード(電子計算機用プログラムを記憶させたものを除く。)」
第41類「オンラインによるゲームの提供及びこれに関する情報の提供,ソーシャルネットワーキングウェブサイトを利用したゲームの提供及びこれに関する情報の提供,携帯電話機又は簡易型携帯通信端末による通信を用いて行うゲームの提供及びこれに関する情報の提供,コンピュータネットワークを利用したゲームの提供及びこれに関する情報の提供,通信ネットワークを利用したオンラインによるゲームの提供及びこれに関する情報の提供,電子計算機端末又は移動体電話による通信を用いて行う画像・音楽・音声・映像の提供及びそれらに関する情報の提供,ストリーミング方式によるインターネットを利用した画像及び音楽の提供,業務用・家庭用ゲーム機の貸与,家庭用テレビゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた記録媒体の貸与,コンサートの上演,写真の撮影,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオ・コンパクトディスク・光学式ビデオディスクの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。)」

審決日 2012-12-27 
出願番号 商願2010-80137(T2010-80137) 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (X0941)
T 1 8・ 272- WY (X0941)
最終処分 成立 
前審関与審査官 吉田 聡一冨澤 美加 
特許庁審判長 酒井 福造
特許庁審判官 山田 和彦
田中 敬規
代理人 伊藤 孝太郎 
代理人 中村 知公 
代理人 前田 大輔 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ