• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201216233 審決 商標
不服20129876 審決 商標
不服201221596 審決 商標
不服20128234 審決 商標
不服20129869 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 X2932
管理番号 1268418 
審判番号 不服2012-16688 
総通号数 158 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2013-02-22 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-08-28 
確定日 2013-01-08 
事件の表示 商願2011-71566拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「SOYING」の欧文字と「ソイング」の片仮名を二段に書してなり、第29類及び第32類の出願時の願書に記載の商品を指定商品として、平成23年10月6日に登録出願されたものである。そして、指定商品については、同24年3月23日付け手続補正書をもって、第29類「豆乳を主原料とするグミ状・固形状・スティック状・球状・タブレット状・錠剤状・ペースト状・クリーム状・ゼリー状・液状・粒状・粉末状・顆粒状・ビスケット状・カプセル状・チュアブル状の加工食品,大豆を使用した乳飲料,その他の大豆を使用した乳製品,大豆を加味した乳飲料,その他の大豆を加味した乳製品,大豆を使用した肉製品,大豆を加味した肉製品,大豆を使用した加工水産物,大豆を加味した加工水産物,大豆を使用した加工野菜及び加工果実,大豆を加味した加工野菜及び加工果実,油揚げ,凍り豆腐,大豆を使用したこんにゃく,大豆を加味したこんにゃく,豆乳,豆乳のもと,豆腐,納豆,豆乳入りのスープ,豆乳入りのスープのもと,大豆を使用したパスタソース,大豆を加味したパスタソース,大豆を使用したカレー・シチュー又はスープのもと,大豆を加味したカレー・シチュー又はスープのもと」及び第32類「豆乳飲料,大豆を使用した清涼飲料,大豆を加味した清涼飲料,大豆を使用した果実飲料,大豆を加味した果実飲料,豆乳を使用した乳清飲料,その他の大豆を使用した乳清飲料,大豆を加味した乳清飲料,豆乳を使用した飲料用野菜ジュース,その他の大豆を使用した飲料用野菜ジュース,大豆を加味した飲料用野菜ジュース」と補正されたものである。

2 引用商標
本願商標が、商標法第4条第1項第11号に該当するとして、本願の拒絶の理由に引用した登録第4701616号商標(以下「引用商標」という。)は、「そういんぐ」の文字と「惣ing」の文字を二段に書してなり、平成14年11月22日に登録出願、第29類、第30類、第31類、第32類及び第33類に属する商標登録原簿に記載の商品を指定商品として、同15年8月15日に設定登録されたものであり、その商標権は現に有効に存続しているものである。

3 当審の判断
本願商標は 前記1のとおり「SOYING」の欧文字と「ソイング」の文字からなり、その構成文字に相応して「ソイング」の称呼を生じ、特定の観念を生じないものである。
他方、引用商標は、前記2のとおり、「惣ing」を大きく書した上段に、その読みを特定する「そういんぐ」の文字をやや小さく書してなるものであり、その構成文字に相応して「ソウイング」の称呼を生じ、特定の観念を生じないものである。
そこで、本願商標と引用商標とを比較すると、両者は外観においてはそれぞれの構成文字に明らかな差異を有するから相紛れるおそれのないものである。
次に、称呼においては、両者からそれぞれ生じる称呼「ソイング」と「ソウイング」との比較において、両者は、後者の2音目における「ウ」の有無という差異を有するものであるが、引用商標の下段の構成は漢字「惣」と欧文字「ing」を結合したものであることから、「ソウ」と「イング」の称呼はそれぞれ明確に称呼されるものであり、該差異は4音と5音の短い音構成において、称呼全体に与える影響は少なくないものであるから、両者をそれぞれ一連に称呼しても相紛れるおそれのないものと判断するのが相当である。
さらに、観念においては、両者はいずれも特定の観念を生じないものであるから相紛れるおそれのないものである。
そうとすれば、本願商標と引用商標とは、外観、称呼、観念のいずれの点においても相紛れるおそれのない非類似の商標といわなければならない。
また、他に本願商標と引用商標とが類似するというべき事情は見いだせない。
したがって、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当なものということができず取消しを免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2012-12-20 
出願番号 商願2011-71566(T2011-71566) 
審決分類 T 1 8・ 262- WY (X2932)
最終処分 成立 
前審関与審査官 冨澤 美加薩摩 純一 
特許庁審判長 内山 進
特許庁審判官 高野 和行
梶原 良子
商標の称呼 ソイング、ソイイング、イング、アイエヌジイ 
代理人 和田 光子 
代理人 保崎 明弘 
代理人 岸田 正行 
代理人 水野 勝文 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ