• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服201119200 審決 商標
不服201127761 審決 商標
不服201118923 審決 商標
不服2012650030 審決 商標
不服2011650211 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない X30
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない X30
管理番号 1265974 
審判番号 不服2012-1806 
総通号数 156 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2012-12-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-01-31 
確定日 2012-10-18 
事件の表示 商願2011- 12049拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「東京チョコクランチ」の文字を標準文字で表してなり、第30類「菓子及びパン,茶,コーヒー及びココア,アイスクリームのもと,シャーベットのもと,穀物の加工品,即席菓子のもと,米,脱穀済みのえん麦,脱穀済みの大麦,食用粉類」を指定商品として、平成23年2月22日に登録出願され、その後、指定商品については、原審における同年9月6日付けの手続補正書により、第30類「菓子及びパン,茶,コーヒー及びココア,穀物の加工品,即席菓子のもと」と補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定において、「本願商標は、『東京チョコクランチ』の文字を標準文字で表してなるところ、『東京』の文字は『東京都』を意味し、『チョコクランチ』の文字は『がりがりかんで食べるチョコレート』等の意味合いを表わすものとして、菓子業界において、普通に使用されているものと認められる。そして、『東京』は、非常に多くの菓子店があることが一般に知られており、様々な菓子が製造・販売されている実情にある。そうとすれば、これを本願指定商品中『菓子』に使用しても、『東京都で製造・販売されたガリガリ噛んで食べるチョコレート、東京都で製造・販売されたチョコレートを使用したガリガリ噛んで食べるタイプの菓子』程の意味合いを容易に理解・認識させるものであるから、単に商品の製造地、販売地、品質等を表示するにすぎないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品以外の商品に使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるので、同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
(1)商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号の該当性について
本願商標は、前記1のとおり、「東京チョコクランチ」の文字を表してなるところ、その構成中の「東京」の文字は、日本の首都である「東京都」に通じ、また、「チョコクランチ」の文字は、原審における拒絶の理由で掲げる証拠を含む別掲のインターネット及び新聞記事情報によれば、主に菓子及びその関連業界において、「チョコレートにコーンフレークやクッキー等のザクザクと食感のある食材を混ぜ合わせてなるチョコレート菓子」程の意味合いを有する語として、取引上、普通に使用されている事実が認められるところである。
そうとすれば、「東京」と「チョコクランチ」を組み合わせてなる本願商標は、その指定商品中「菓子」との関係において、「東京都で製造又は販売された、チョコレートにザクザクと食感のある食材を混ぜ合わせてなるチョコレート菓子」程の意味合いを容易に理解、認識させるものである。
してみれば、本願商標をその指定商品中「チョコレート菓子」に使用しても、「東京都で製造又は販売された、チョコレートにザクザクと食感のある食材を混ぜ合わせてなる商品」であること、すなわち、商品の産地、販売地、品質を表示したものと認識するにとどまるものであって、自他商品の識別標識としての機能を果たさず、また、前記商品以外の「菓子」に使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがある。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当する。
なお、請求人は、本願請求人(出願人)の所有に係る「東京クランチ」、「神戸クランチ」等の登録例を挙げ、本願商標も同様に登録されるべきである旨主張するが、請求人が主張する登録例に係る商標は、本願商標とは、その構成等が相違するものであって、本願とは事案を異にするものであり、また、登録出願に係る商標が商標法第3条第1項の規定に該当するか否かは、当該商標の査定時又は審決時において、個別具体的に判断されるべきものであるから、それらの登録例に前記認定が左右されるものではない。
(2)まとめ
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとした原査定は妥当なものであって、取り消すことはできない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(下線は、当合議体が付したもの。)
(ア)「チョコレートとあま?い仲間たち」のサイト内「チョコクランチ」の項に、「チョコクランチとは、オートミールとチョコレートを混ぜて、オーブンで焼いて固めたもの。(一般家庭では、コーンフレークとチョコレートで作れます。)ザクザクしたクランチの食感とチョコレートの甘さが絶妙なチョコレート菓子です。」の記載。
(http://www.keroze.com/choko/00119.html)
(イ)「越後お菓子屋甘兵衛」のサイト内「安田牛乳焼きチョコクランチ12個入り」の項に、「どくとくの食感の焼きチョコクランチ/さくっとして固くもなく柔らかくもない独特の食感の焼きチョコクランチです。」及び「■ビタータイプの焼きチョコクランチ/焼き上げたクッキーをクラッシュしてチョコレートなどとミキシングし再び焼き上げたビタータイプな味わいのチョコクランチです。」の記載。
(http://www.echigo-kanbei.jp/goods_12051502.html)
(ウ)「長崎バイオパーク」のサイト内「商品詳細」の「チョコクランチ」の項に、「ザックリクランチを甘すぎない上品なチョコでコーティング(中略)商品名/チョコクランチ」の記載。
(http://www.biopark.co.jp/shop/6_32.html)
(エ)「茗広茶業株式会社」のサイト内「商品紹介」の「抹茶チョコクランチ」の項に、「高級抹茶をふんだんにチョコレートに練り込み作った、軽快な歯応えのチョコクランチです。/緑色の美しい美味しいお菓子を作りました。/コーンパフとコーンフレークでサクサク感を演出。/抹茶の香りと後味の爽やかな渋味が魅力のお菓子です。」の記載。
(http://www.meiko-chagyo.co.jp/shosai.html?c=30&no=75)
(オ)「楽天市場」のサイト内「菓舗たむら」の「煎餅屋のチョコクランチとは!」の項に、「菓舗『たむら』の自慢の磯辺煎餅を使ってチョコと混ぜると、ひと味もふた味も違うチョコクランチなったのです。」の記載。
(http://item.rakuten.co.jp/i-senbei/c/0000000138/)
(カ)「ポテトバターツリー」のサイト内「商品紹介」の「ポテトバターツリー/チョコクランチ」項に、「ポテトバターツリーとホワイトチョコレートは相性抜群なので、クランチもお作りしました。サクッと香ばしいシリアルとポテトの風味、ミルキーなホワイトチョコがとろけて絶妙なおいしさを奏でます。」及び「商品名 ポテトバターツリー チョコクランチ」の記載。
(http://www.ginnobudo.jp/potatobutter/concept_choco.html)
(キ)「楽天市場」のサイト内「楽天イーグルス チョコクランチ 18枚入り ?白と黒で二度美味しい!イーグルス公認スナックです?」の「商品内容」の項に、「楽天公認!/黒いミルクチョコと白いホワイトチョコのチョコクランチです。」の記載。
(http://item.rakuten.co.jp/datenashopping/10003543/)
(ク)「埼玉西武ライオンズ」のサイト内「ライオンズチョコクランチ」の項に、「サクッとした口溶けがおいしいチョコレートクランチは、子どもから大人まで大人気のお菓子。」の記載。
(http://www.seibulions.jp/goods/food/foo-027.php)
(ケ)「徳島県物産センター」のサイト内「すだちチョコクランチ21入【徳島限定のお土産菓子】の「商品詳細について」の項に、「商品内容/さくさく、響きあう楽しい食感...のチョコレート菓子です。「すだちチョコクランチ」は、徳島県特産すだちの風味・香りのチョコ菓子です。」の記載。
(http://tokushima-shop.jp/?pid=2546865)
(コ)「池田製茶」のサイト内「抹茶チョコクランチ」の項に、「上品な味わいのホワイトチョコレートに香り高く色合いの美しい高級抹茶をふんだんに練りこんで、コーンフレークにコーティングしたチョコクランチ。濃厚で上質な味わいのチョコレートと軽やかなパフのハーモニーが絶妙です。」及び「商品名 [5105]抹茶チョコクランチ」の記載。
(https://s136.secure.ne.jp/~s136086/shop/shop/5105.html)
(サ)「株式会社大平商会」のサイト内「新発売/川越達也 プロデュース」の項に、「川越達也プロデュース/チョコクランチ」及び「なめらかチョコとサクサクパフの組み合わせで食べ応え十分!/食べやすいバータイプ」の記載。
(http://www.ohirasyoukai.com/sonota_keihinn/foods/foods033.html)
(シ)「fe-shop」のサイト内「細川たかし」の項に、「細川たかし チョコクランチ(12個入) /サクサクのクランチを程よい甘さのチョコでコーティング!!」の記載。
(http://www.fe-shop.jp/products/detail.php?product_id=191)
(ス)「会津若松通販ナビ」のサイト内「お菓子」の項に、「武者チョコクランチ(10ケ入り)(むしゃちょこくらんち10こいり)/チョコっとコラボレーション/会津伝統の「武者煎餅を砕いてチョコと混ぜ合わせて軽く焼き上げました。/香ばしいピーナッツの風味とサクサクとした前餅の食感が口どけのよいベイクドチョコレートとベストマッチの新しい会津の味です。」の記載。
(http://www.aizukanko.com/eshop/item.cfm?owner=505&item_id=39&return_path=%2Feshop%2Fdigest.cfm%3Frewrite%3Dlcate_5)
(セ)2007年10月19日 日本食糧新聞
「ビスコミニパック アロエヨーグルト」発売(江崎グリコ)」の見出しのもと、「◆会社名=江崎グリコ(大阪市西淀川区、06・6477・8351)◆商品特徴=ビスケット、チョコスナック。シリーズ商品。(中略)C=「1パックおやつ チョビロック」香ばしいコーンフレークにチョコレートをコーティング。ガリッとした食感が楽しめるチョコクランチ。」の記事。
(ソ)2006年10月2日 日本食糧新聞
「『オレオ チョコクランチ』発売(ヤマザキナビスコ)」の見出しのもと、「◆会社名=ヤマザキナビスコ(東京都新宿区、03・3344・6211)◆商品特徴=チョコレート菓子、クッキー。シリーズ新アイテム。A=「オレオ〈チョコクランチ〉」オレオクッキーの上にバニラクリームを絞り、サクサクのオレオクランチをトッピング。カカオ分60%のハイカカオチョコレートで全体を包んだビター感のあるおいしさ。」の記事。
(タ)2004年7月19日 日本食糧新聞
「『ロキシー アーモンド』発売(カバヤ食品)」の見出しのもと、「カバヤ食品(岡山県岡山市、0867・24・4830)は、チョコレート菓子『ロキシー アーモンド』など2品を8月から全国のSM、CVSなどで発売する。『ロキシー アーモンド』は、キャンデーコートしたアーモンドのカリカリ感とチョコクランチのザクザク感が軽快な食感を演出。セミビターチョコレートを使用し、甘さを抑え大人の味わいとした。」の記事。

審理終結日 2012-08-21 
結審通知日 2012-08-22 
審決日 2012-09-05 
出願番号 商願2011-12049(T2011-12049) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (X30)
T 1 8・ 13- Z (X30)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 安達 輝幸深田 彩紀子 
特許庁審判長 鈴木 修
特許庁審判官 大橋 良成
小川 きみえ
商標の称呼 トーキョーチョコクランチ、チョコクランチ 
代理人 辻本 一義 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ