• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申立て  登録を維持 X41
管理番号 1264498 
異議申立番号 異議2012-900098 
総通号数 155 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2012-11-30 
種別 異議の決定 
異議申立日 2012-04-20 
確定日 2012-10-15 
異議申立件数
事件の表示 登録第5463848号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第5463848号商標の商標登録を維持する。
理由 1 本件商標
本件登録第5463848号商標(以下「本件商標」という。)は、別掲1のとおりの構成よりなり、平成23年6月24日に登録出願、第41類「高等学校における教育,語学の教授,小学校における教育,中学校における教育,セミナーの企画・運営または開催」を指定役務として、同年12月7日に登録査定、平成24年1月20日に設定登録されたものである。

2 登録異議の申立ての理由
(1)引用商標
ア 登録第4860354号商標(以下「引用商標1」という。)
(ア)商標の構成 INTERACT(標準文字)
(イ)登録出願日 平成15年6月27日
(ウ)登録設定日 平成17年4月28日
(エ)指定商品及び指定役務 第41類「国際協調・親善・社会福祉を促進する為の中・高校生を対象とするクラブ組織の設立・管理・指導に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,クラブ組織の設立・管理・指導に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,事業・人材の育成に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,国際協調・親善・平和に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,国際青年交流のための国際会議・セミナーの企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,その他の国際会議・セミナーの企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,国際青年交流のための社交パーティーの企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,その他の社交パーティーの企画・運営・開催(結婚披露パーティーを除く。)又はこれらに関する情報の提供,オンラインによる娯楽に関する情報の提供,その他の娯楽に関する情報の提供,教材用書籍・教材用ハンドブック・教材用パンフレット・教材用マニュアル(説明書)の制作その他の書籍・ハンドブック・パンフレット・マニュアル(説明書)の制作(広告・宣伝・販売に関するものを除く。),クラブ会員に関する記録の供覧,レクリエーション施設の情報の提供,運動施設の提供,映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,美術品の展示,映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,映画の上映・制作又は配給,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏,放送番組の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),放送番組の制作における演出,映像機器・音声機器等の機器であって放送番組の制作のために使用されるものの操作,スポーツの興行の企画・運営又は開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),競輪の企画・運営又は開催,競艇の企画・運営又は開催,小型自動車競走の企画・運営又は開催,音響用又は映像用のスタジオの提供,興行場の座席の手配,映画機械器具の貸与,映写フィルムの貸与,楽器の貸与,運動用具の貸与,テレビジョン受信機の貸与,ラジオ受信機の貸与,図書の貸与,レコード又は録音済み磁気テープの貸与,録画済み磁気テープの貸与,ネガフィルムの貸与,ポジフィルムの貸与,おもちゃの貸与,遊園地用機械器具の貸与,書画の貸与,写真の撮影,カメラの貸与,光学機械器具の貸与」ほか、第14類、第16類、第24類、第25類、第36類、第42類及び第45類に属する商標登録原簿記載のとおりの商品及び役務
イ 登録第4886435号商標(以下「引用商標2」という。)
(ア)商標の構成 別掲2のとおり
(イ)登録出願日 平成15年6月27日
(ウ)登録設定日 平成17年8月12日
(エ)指定商品及び指定役務 第41類「国際協調・親善・社会福祉を促進する為の中・高校生を対象とするクラブ組織の設立・管理・指導に関する知識の教授又はこれらに関する情報の提供,クラブ組織の設立・管理・指導に関する知識の教授又はこれらに関する情報の提供,事業・人材の育成に関する知識の教授又はこれらに関する情報の提供,国際協調・親善・平和に関する知識の教授又はこれらに関する情報の提供,その他の技芸・スポーツ・知識の教授又はこれらに関する情報の提供,国際協調・親善・社会福祉を促進する為の中・高校生を対象とするクラブ組織の設立・管理・指導に関する知識の教育訓練又はこれらに関する情報の提供,クラブ組織の設立・管理・指導に関する知識の教育訓練又はこれらに関する情報の提供,事業・人材の育成に関する知識の教育訓練又はこれらに関する情報の提供,国際協調・親善・平和に関する知識の教育訓練又はこれらに関する情報の提供,国際協調・親善・社会福祉を促進する為の中・高校生を対象とするクラブ組織の設立・管理・指導に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,クラブ組織の設立・管理・指導に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,事業・人材の育成に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,国際協調・親善・平和に関する研修会の企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,国際青年交流のための国際会議・セミナーの企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,その他の国際会議・セミナーの企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,国際青年交流のための社交パーティーの企画・運営・開催又はこれらに関する情報の提供,その他の社交パーティーの企画・運営・開催(結婚披露パーティーを除く。)又はこれらに関する情報の提供,オンラインによる教育及び娯楽に関する情報の提供,その他の教育及び娯楽に関する情報の提供,教材用書籍・教材用ハンドブック・教材用パンフレット・教材用マニュアル(説明書)の制作その他の書籍・ハンドブック・パンフレット・マニュアル(説明書)の制作(広告・宣伝・販売に関するものを除く。),クラブ会員に関する記録の供覧,レクリエーション施設の情報の提供,運動施設の提供,映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,美術品の展示,映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,映画の上映・制作又は配給,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏,放送番組の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),放送番組の制作における演出,映像機器・音声機器等の機器であって放送番組の制作のために使用されるものの操作,スポーツの興行の企画・運営又は開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),競輪の企画・運営又は開催,競艇の企画・運営又は開催,小型自動車競走の企画・運営又は開催,音響用又は映像用のスタジオの提供,興行場の座席の手配,映画機械器具の貸与,映写フィルムの貸与,楽器の貸与,運動用具の貸与,テレビジョン受信機の貸与,ラジオ受信機の貸与,図書の貸与,レコード又は録音済み磁気テープの貸与,録画済み磁気テープの貸与,ネガフィルムの貸与,ポジフィルムの貸与,おもちゃの貸与,遊園地用機械器具の貸与,書画の貸与,写真の撮影,通訳,翻訳,カメラの貸与,光学機械器具の貸与」ほか、第14類、第16類、第24類、第25類、第36類、第42類及び第45類に属する商標登録原簿記載のとおりの商品及び役務
(2)商標法第4条第1項第11号について
ア 引用商標1との類否について
本件商標の文字部分「interac」と引用商標1「INTERACT」は、若干の字体の差、大文字・小文字及び末尾一文字の有無が異なるにすぎず、本件商標からは、「インタラク」等の称呼を生じ、引用商標1からは「インタラクト」等の称呼が生じる。よって、両商標は少なくとも外観及び称呼が類似する。
本件商標と引用商標1は、同一又は類似の役務に使用するものである。
イ 引用商標2との類否について
引用商標2は、円が基調の図形上部に「INTERACT」の文字を、下部に「CLUB」の文字を配してなり、該「INTERACT」の文字は、独立して識別標識として機能し得る。
本件商標の文字部分「interac」と引用商標2の「INTERACT」は、若干の字体の差、大文字・小文字及び末尾一文字の有無が異なるにすぎず、本件商標からは、「インタラク」等の称呼を生じ、引用商標2からは「インタラクト」等の称呼が生じる。よって、両商標は少なくとも外観及び称呼が類似する。
本件商標と引用商標2は、同一又は類似の役務に使用するものである。
(3)まとめ
以上のとおり、本件商標は、商標法第4条第1項第11号に違反して登録されたものであるから、その登録は、取り消されるべきである。

3 当審の判断
(1)本件商標について
本件商標は、別掲1のとおり、左側に円形図形を配し、右側に「interac」の欧文字をデザイン化して表してなるものであり、上記図形からは、特段の称呼及び観念を生じるものとは認められず、また、上記文字部分は、語尾が母音字と「c」の文字からなる英語においては、当該部分を「ック」というように促音を伴って発せられるから、該構成文字より「インタラック」の称呼を生じるものである。
登録異議申立人(以下「申立人」という。)は、この点について、該文字部分は、「interact」「interaction」「interactive」などの一連の語の語尾以外の部分(主要部)と同一であるから、「インタラク」の称呼を生じると主張しているが、欧文字の語に接する者は、通常、それぞれの構成文字に応じて発音するというべきであり、前記各語が「インタラクト」のように発音する語であるとしても、本件商標の上記文字部分については、その構成に応じて前記のとおり「インタラック」と称呼されるものであり、「インタラク」の称呼を生じるものとは認められない。
なお、申立人は、「interac」の語は、株式会社ジュピターテレコムのインタラクティブテレビの名称(インタラクTV)などでも用いられていると述べているが、申立人の提示するウェブサイトには、「インタラクTV」の片仮名からなる商標の使用が認められるとしても、「interac」等の文字の使用は認められず、該欧文字が「インタラク」と発音されることが一般的であるとする事情は見当たらない。
また、申立人は、前記「interact」等の各語がいずれも相互作用や双方向といった意味合いにかかわる語であることから、本件商標の文字部分もこれらの一連の既知の語との共通性から「双方向」程度の意味合いが連想されることはあり得るとしているが、一部構成文字に共通性があるとしても、本件商標から、上記意味合いを認識させるとまではいえず、本件商標からは格別の観念を生じないものと認められる。
(2)本件商標と引用商標1の類否について
引用商標1は、「INTERACT」の文字よりなるものであるから、「インタラクト」の称呼を生じ、「相互作用」(甲第4号証)の観念を生じる。
そこで、本件商標と引用商標1の類否についてみるに、まず、外観においては、本件商標の文字部分「interac」と引用商標1「INTERACT」についてみても、末尾の「T」の文字の有無により十分に区別でき、本件商標と引用商標1は外観上類似しない。
また、本件商標より生じる「インタラック」の称呼と引用商標1より生ずる「インタラクト」の称呼とは、促音「ッ」の有無及び「ト」の音の有無の差異があるところ、両者は、わずか6音の短い音構成において、上記差異により相紛れるおそれはないものというべきである。
さらに、本件商標は、観念を生じないから、引用商標1とは、観念において比較することができない。
してみれば、本件商標と引用商標1とは、外観、称呼及び観念のいずれの点からみても相紛れるおそれのない非類似の商標というべきである。
(3)本件商標と引用商標2の類否について
引用商標2は、別掲2のとおり、左右4本の直線で連結された二重円内にそれに隣接した4つの円や「I」の文字状の図形などを描いてなる図形であって、その二重円の間の上部に「INTERACT」の欧文字を配し、下部に「CLUB」の文字を書してなるものである。そして、図形の形状自体からは、格別の称呼及び観念を生じないものであり、図形中の「INTERACT」の文字及び「CLUB」の文字(以下、両文字を「上下文字部分」という。)は、同書同大の文字であり、上記図形中にバランス良く配され一体的に看取させるものであり、また「CLUB」の文字は、「○○CLUB」などとしてクラブの名称として使用されることが多いから、上下文字部分は、クラブ名を表す、一体不可分のものとして認識されるものというべきである。そうとすると、引用商標2は、「インタラクトクラブ」の称呼のみを生じ、「インタラクトクラブというクラブのマーク」ほどの観念を生じるものである。
そこで、本件商標と引用商標2の類否についてみるに、まず、外観においては、本件商標のと引用商標2は、明らかに区別されるものである。
また、本件商標より生じる「インタラック」の称呼と引用商標2より生ずる「インタラクトクラブ」の称呼とは、音数及び音構成の相違により相紛れるおそれはないものである。
さらに、本件商標は、観念を生じないから、引用商標2とは、観念において比較することができない。
してみれば、本件商標と引用商標2とは、外観、称呼及び観念のいずれの点からみても相紛れるおそれのない非類似の商標というべきである。
(4)まとめ
以上のとおり、本件商標は、引用商標1及び2とはいずれも非類似の商標であるから、本件商標は、商標法第4条第1項第11号に違反して登録されたものではない。
したがって、同法第43条の3第4項の規定により、その登録を維持すべきである。
よって、結論のとおり決定する。
別掲 別掲
1 本件商標(色彩は原本参照)


2 引用商標2


異議決定日 2012-10-05 
出願番号 商願2011-47421(T2011-47421) 
審決分類 T 1 651・ 262- Y (X41)
最終処分 維持 
前審関与審査官 海老名 友子 
特許庁審判長 内山 進
特許庁審判官 梶原 良子
小俣 克巳
登録日 2012-01-20 
登録番号 商標登録第5463848号(T5463848) 
権利者 株式会社インタラック
商標の称呼 インタラック、インタラク 
代理人 飯田 伸行 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ