• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部申立て  登録を維持 X09
管理番号 1246540 
異議申立番号 異議2011-900054 
総通号数 144 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2011-12-22 
種別 異議の決定 
異議申立日 2011-02-21 
確定日 2011-10-31 
異議申立件数
事件の表示 登録第5369304号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第5369304号商標の商標登録を維持する。
理由 1 本件商標
本件登録第5369304号商標(以下「本件商標」という。)は、「スマート&スムース」の文字と「Smart&Smooth」の文字とを二段に横書きしてなり、平成22年6月21日に登録出願、第9類、第37類及び第42類に属する別掲(1)に記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、同年10月26日に登録査定、同年11月19日に設定登録されたものである。

2 登録異議の申立ての理由の要点
(1)引用商標
登録異議申立人(以下「申立人」という。)が本件商標の登録異議の申立ての理由に引用する国際登録第1042750号商標(以下「引用商標」という。)は、「SMART AND SMOOTH OPERATOR」の欧文字を横書きしてなり、2009年11月20日にフランス国においてした商標登録出願に基づきパリ条約第4条による優先権を主張し、2010年5月12日に国際商標登録出願、第7類及び第9類に属する別掲(2)に記載のとおりの商品を指定商品として、平成22年12月17日に設定登録されたものである。
(2)商標法第4条第1項第11号について
本件商標は、全体として不可分一体の熟語的語句と看取され、「洗練され滑らかな」程の意味合いを理解、認識させる語句であるから、該構成文字に相応して「スマートアンドスムース」の称呼のみを生ずるものである。
一方、引用商標は、その構成中「SMART AND SMOOTH」の文字部分が、上記と同様の理由から、不可分一体の熟語的な語句と理解されるものであるが、「OPERATOR」の語は、「(機械の)運転者、電話交換手、コンピュータの操作者」等の意味を有し、「SMART AND SMOOTH」の語と一体として理解、把握されるべき特段の関連性のない語であり、しかも、引用商標全体から生ずる称呼は17音と冗長である。
そうとすれば、引用商標は、「SMART AND SMOOTH」の文字部分のみを捉えて取引に資される場合が少なくないというのが相当であり、該文字に相応して、「スマートアンドスムース」の称呼をも生ずる商標である。
したがって、本件商標と引用商標とは、「スマートアンドスムース」の同一の称呼を生ずる称呼上類似の商標である。
そして、本件商標の指定商品中の第9類の指定商品は、引用商標の指定商品と同一又は類似の商品を含むものである。
したがって、本件商標の指定商品中の第9類「配電用又は制御用の機械器具,回転変流機,調相機,電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品」についての登録は、商標法第4条第1項第11号に違反してされたものであるから取り消されるべきである。

3 当審の判断
本件商標は、上記1のとおりの構成からなるところ、これを構成する「スマート&スムース」及び「Smart&Smooth」の各文字は、いずれも外観上まとまりよく一体的に表されており、全体として、「洗練されてスムース」程の意味合いを看取し得るものであるから、該構成文字全体に相応して「スマートアンドスムース」の称呼のみを生ずるものとみるのが自然である。
一方、引用商標は、上記2(1)のとおりの構成からなるところ、これを構成する「SMART」「AND」「SMOOTH」「OPERATOR」の各欧文字は、各文字間に軽重の差はなく、外観上まとまりよく一体的に表されており、全体として、「洗練されてスムースなオペレーター(操作者)」程の意味合いを看取し得るものであるから、引用商標は、むしろ、その構成全体をもって不可分一体の商標を表したものと認識し把握されるとみるのが自然であり、他に、構成中の「SMART AND SMOOTH」の文字部分のみが独立して認識されるとみるべき格別の理由は見出せない。
そうとすると、引用商標は、該構成文字全体に相応して「スマートアンドスムースオペレーター」の称呼のみを生ずるものであって、単に「スマートアンドスムース」の称呼が生ずることはないものといわなければならない。
してみれば、引用商標から単に「スマートアンドスムース」の称呼をも生ずるものとし、そのうえで、本件商標と引用商標とが称呼において類似するものとする申立人の主張は採用できない。
その他、本件商標と引用商標とを類似するものとすべき特段の理由は見出せない。
そうとすれば、本件商標と引用商標とは、外観、称呼及び観念のいずれの点においても紛れるおそれのない非類似の商標といわなければならない。
したがって、本件商標の登録は、登録異議の申立てに係る指定商品について、商標法第4条第1項第11号に違反してされたものではないから、同法第43条の3第4項の規定により、その登録を維持すべきものとする。
よって、結論のとおり決定する。
別掲 別掲
(1)本件商標の指定商品及び指定役務
第9類「配電用又は制御用の機械器具,回転変流機,調相機,電気アイロン,電気式ヘアカーラー,電気ブザー,電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品,家庭用テレビゲームおもちゃ,携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,レコード,メトロノーム,電子楽器用自動演奏プログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,インターネットを利用して受信し及び保存することができる音楽ファイル,映写フィルム,スライドフィルム,スライドフィルム用マウント,インターネットを利用して受信し及び保存することができる画像ファイル,録画済みビデオディスク及びビデオテープ」
第37類「建設工事,電子応用機械器具の修理又は保守,電子応用機械器具の設置・試運転・調整・整備・修理又は保守及びこれらに関する助言・情報提供,電気通信機械器具の修理又は保守及びこれらに関する助言・情報提供,配電用又は制御用の機械器具の修理又は保守,発電機の修理又は保守,電動機の修理又は保守,原子力発電プラントの修理又は保守,化学プラントの修理又は保守」
第42類「機械・装置若しくは器具(これらの部品を含む。)又はこれらの機械等により構成される設備の設計,電子計算機の設計に関する情報の提供,電子計算機の設計に関する調査・分析又はコンサルティング,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,電子計算機を用いて行う情報処理,電子計算機システムに関するコンサルティング,電子計算機端末による通信を用いて行う電子計算機システムの設計,電子計算機システムの遠隔監視,電子計算機用プログラムの設計・作成又は保守に関する情報の提供,電子計算機用プログラムの設計・作成又は保守に関する調査・分析又はコンサルティング,通信ネットワークシステムの設計・作成又は保守,通信ネットワークシステムの設計・作成又は保守に関する調査・分析又はコンサルティング,電子計算機及び電子計算機用プログラムの環境設定及び機能の拡張・追加,電子計算機システムの導入・設計・作成又は保守に関するコンサルティング,電子計算機の記憶装置への電子計算機用プログラムの導入,電子計算機間の接続検証,電子計算機上でのプログラムの動作の確認検証,電子計算機間の接続及び電子計算機上でのプログラムの動作に関する情報の提供,電子計算機用プログラムの故障診断及びウイルス検査,電子計算機用プログラムの最新化,コンピュータデータベースへのアクセスタイムの賃貸,インターネットのホームページの作成,電子計算機におけるデータのフォーマットの変換,電子計算機用データへの変換,コンピュータネットワークへアクセスする者の認証,通信回線を介した電子商取引の利用者の認証,電子計算機システムの統合,電子計算機・自動車その他その用途に応じて的確な操作をするためには高度の専門的な知識・技術又は経験を必要とする機械の性能・操作方法等に関する紹介及び説明,電子計算機の貸与,電子計算機用プログラムの提供,コンピュータサイトのホスティング(ウェブサイト)及びこれに関するコンサルティング,コンピュータサイトのホスティング(ウェブサイト)に関する情報の提供」

(2)引用商標の指定商品
第7類「Electric motors and engines, motor reducers for operating blinds, screens, curtains, shutters, windows, ventilation hatches, locks, doors, garage doors, gates, fences and grills.」
第9類「Electric or electronic apparatus and instruments for the control, remote control of operating motors for blinds, screens, curtains, shutters, windows, ventilation hatches, locks, doors, garage doors, gates, fences and grills.」


異議決定日 2011-10-13 
出願番号 商願2010-48938(T2010-48938) 
審決分類 T 1 652・ 262- Y (X09)
最終処分 維持 
前審関与審査官 山田 正樹 
特許庁審判長 水茎 弥
特許庁審判官 渡邉 健司
井出 英一郎
登録日 2010-11-19 
登録番号 商標登録第5369304号(T5369304) 
権利者 株式会社日立製作所
商標の称呼 スマートアンドスムース、スマートアンドスムーズ、スマートスムース、スマートスムーズ、スマート、スムース、スムーズ 
代理人 坂上 正明 
代理人 岡田 稔 
代理人 曾我 道治 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ