• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 登録しない X2735
管理番号 1230013 
審判番号 不服2009-21265 
総通号数 134 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2011-02-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2009-11-02 
確定日 2010-12-10 
事件の表示 商願2008- 24929拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「お薦めリフォーム」の文字を標準文字で書してなり、第27類及び第35類に属する願書記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、平成20年4月1日に登録出願されたものである。
そして、指定商品及び指定役務については、原審における同年7月2日付け提出の手続補正書により、第27類「壁紙,カーペット,その他の敷物,壁掛け(織物製のものを除く。)」及び第35類「壁紙の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」と補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、『お薦めリフォーム』の文字を標準文字で表してなるものであるが、その指定商品や指定役務との関連からみて、これよりは、例えば住宅などのリフォームに際して、生産者やその商品を取り扱う業者などが、消費者・需要者に対して推奨できるのものであるという程度の意味合いを表すものとしてしか理解・認識されない言葉であることから、これをその指定商品・役務に使用しても、前記意味合いを理解するに止まり、需要者が何人かの業務に係る商品・役務であることを認識することができないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
(1)本願商標の商標法第3条第1項第6号の該当性について
本願商標は、「お薦めリフォーム」の文字よりなるところ、構成文字中、「お薦め」の文字部分は、「そうするように誘う。勧誘する。奨励する。」という意味合いの丁寧の気持ちを理解させるものであり、他方、「リフォーム」の文字部分は、「改良すること。作り直すこと。特に、衣服の仕立て直しや建物の改築・改装。」を意味する語(「広辞苑第六版」株式会社岩波書店)として知られているものである。
そして、これらの意味を有する語を組み合わせた「お薦めリフォーム」の語句が、本願商標の指定商品及び指定役務に関して用いられた場合には、この語句に接した取引者・需要者は、それを妨げる特別な事情がない限り、この語句の有する上記の意味を想起したうえで、ごく自然に、「おすすめするリフォーム」であるという「リフォームすることをお薦めする。」ということを端的に表した宣伝文句ないしキャッチフレーズとして理解、把握させるに止まるものであるから、結局、需要者が、何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができないものというべきである。
(2)請求人の主張について
請求人は、「本願商標は『生産者等が推奨できるもの』との意味合いを一義的に理解させることはなく、また、本願商標からはリフォームにどうお薦めなのかまでは認識し得ず、本願商標からは極めて漠然とした広範な意味が生じることから、取引者・需要者をして商品の一定の品質及び役務の一定の質を表示するものと認識されることはなく、本願の指定商品・指定役務を取り扱う業界において、『お薦めリフォーム』の語が商品の品質・役務の質や用途等を意味する語として一般的に使用されている事実がない。」旨を主張している。
しかしながら、実際に、例えば、「お薦めリフォーム」「お勧めリフォーム」「おすすめリフォーム」などの語が広く一般的に採択、使用されており、これらによれば、リフォーム業者が薦めるリフォームの例やプラン等にこれらの語が使用されているものであるから、上記主張は採用できない。
さらに、請求人は、過去の登録例を挙げ、本願商標も同様に登録されるべきである旨主張している。
しかしながら、登録出願された商標が商標法第3条第1項第6号に該当するものであるか否かの判断は、当該商標の構成態様と指定商品又は指定役務との関係における取引の実情を考慮して、個別具体的に判断されるべきものであって、かつ、その判断時期は、査定時又は審決時と解されるものであるから、請求人が挙げた商標登録例の存在によって、前記判断は左右されるものではない。
したがって、請求人の主張は、採用することができない。
その他の請求人の主張をもってしても、原査定の拒絶の理由を覆すに足りない。
(3)まとめ
以上によれば、本願商標を商標法第3条第1項第6号に該当するものとした原査定は、妥当であって、取り消すことはできない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 2010-10-08 
結審通知日 2010-10-13 
審決日 2010-10-28 
出願番号 商願2008-24929(T2008-24929) 
審決分類 T 1 8・ 16- Z (X2735)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 山田 正樹 
特許庁審判長 渡邉 健司
特許庁審判官 井出 英一郎
高橋 謙司
商標の称呼 オススメリフォーム 
代理人 特許業務法人三枝国際特許事務所 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ