• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 X03
審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 X03
管理番号 1228314 
審判番号 不服2010-2176 
総通号数 133 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2011-01-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2010-02-01 
確定日 2010-12-13 
事件の表示 商願2008- 48715拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成からなり、第3類「かつら装着用接着剤,つけまつ毛用接着剤,洗濯用でん粉のり,洗濯用ふのり,せっけん類,歯磨き,化粧品,香料類,つけづめ,つけまつ毛」を指定商品として、平成20年6月19日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、やや抽象的に図案化された人の顔と思しき図形からなるところ、その指定商品中『化粧品』との関係では、目と口の部分を空けてあるシート状のパック用化粧品の一形状を表したものと容易に認識させるものですから、これをその指定商品中『シート状のパック用化粧品』に使用しても、単に商品の形状・品質を表示するにすぎず、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品以外の商品に使用するときは、商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるので、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲のとおりの構成からなるところ、これが人の顔をモチーフとした図形であって、特定の商品を暗示させる場合があるとしても、直ちに特定の商品の一般的な形状、品質を具体的に表示するものとはいい難いものである。
また、当審において職権をもって調査したが、本願商標が、本願指定商品を取り扱う業界において、商品の形状、品質を直接的ないし具体的に表す一般的な形状として、取引上普通に使用されている事実を見出すことができなかった。
してみれば、本願商標は、これをその指定商品に使用しても、自他商品の識別標識としての機能を十分に果たし得るものであり、かつ、商品の品質の誤認を生ずるおそれもないものといわなければならない。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当でなく、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲
本願商標

(色彩については原本を参照)



審決日 2010-12-01 
出願番号 商願2008-48715(T2008-48715) 
審決分類 T 1 8・ 272- WY (X03)
T 1 8・ 13- WY (X03)
最終処分 成立 
前審関与審査官 堀内 真一 
特許庁審判長 渡邉 健司
特許庁審判官 高橋 謙司
井出 英一郎
代理人 佐藤 英二 
代理人 長谷川 芳樹 
代理人 黒川 朋也 
代理人 工藤 莞司 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ