• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない X36
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない X36
管理番号 1221435 
審判番号 不服2009-15397 
総通号数 129 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2010-09-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2009-08-24 
確定日 2010-07-12 
事件の表示 商願2007-106962拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 第1 本願商標
本願商標は、「かぞくへの保険」の文字を標準文字で表してなり、第36類「生命保険契約の締結の媒介,生命保険の引受け,保険料率の算出,保険に関する助言,生命保険情報の提供」を指定役務として、平成19年10月17日に登録出願されたものである。

第2 原査定の拒絶理由の要点
原査定は、「本願商標は、『かぞくへの保険』の文字を普通に用いられる方法で書してなるところ、本願指定役務である医療保険の分野において、契約者(主たる被保険者)のみならず、家族である配偶者や子向け(従たる被保険者)の生命保険として、死亡時の給付金、一日の入院給付金等が選べるプランにとどまらず、保険料が一生変わらない終身医療保険、将来保険料が半額あるいはゼロになる終身医療保険などが登場し、選択することができる実情に照らせば、本願商標をその指定役務中、家族に対する生命保険契約に関する役務に使用しても、『契約者(主たる被保険者)の好みに応じて選択できる家族(配偶者や子:従たる被保険者)向けの保険に関する役務』であることを理解させるにとどまり、単に役務の内容、質を表示したにすぎないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記に照応する役務以外の役務に使用するときは、役務の質の誤認を生じさせるおそれがあり、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

第3 当審の判断
1 本願商標の商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号の該当性について
本願商標は、前記第1のとおり、「かぞくへの保険」の文字からなるところ、その構成中の「かぞく」は、「夫婦の配偶関係や親子・兄弟などの血縁関係によって結ばれた親族関係を基礎にして成立する小集団。社会構成の基本単位。」(広辞苑第六版)を意味し、「保険」は、「(insurance)人の死亡・火災などの偶発的事故の発生の蓋然性が統計的方法その他によってある程度まで予知できる場合、共通にその事故の脅威を受ける者が、あらかじめ一定の掛金(保険料)を互いに拠出しておき、積立金を用いてその事故(保険事故)に遇った人に一定金額(保険金)を与え、損害を填補(てんぽ)する制度。組織により相互保険・営業保険に分かれ、事業の内容により生命保険・損害保険に大別。社会保険に対し私保険とも呼ぶ。」(広辞苑第六版)等を意味する語として知られているものであり、これらの文字を「への」で結合した「かぞくへの保険」の文字は、それぞれの文字の意味から構成全体として、「家族のための保険」程の意味合いを容易に認識させるものである。
そして、本願の指定役務である「生命保険」(被保険者の死亡または一定の年齢に達するまで生存したことを条件として一定の金額を支払う保険。《広辞苑第六版》)との関係において、別掲に示すとおり、家族のために加入する保険(生命保険、医療保険等)が実在し、かつ、それらを「家族のための保険」等と称している実情が見受けられるものである。
してみれば、本願商標をその指定役務中の「家族に給付金等が支払われるタイプの生命保険契約に関する役務」に使用しても、「家族のための保険」すなわち、「家族のために加入する保険に関する役務」であることを理解させるにとどまり、単に役務の内容、質を表示したにすぎないものであり、かつ、前記に照応する役務以外の役務に使用するときは、役務の質の誤認を生じさせるおそれがあるものと判断するのが相当である。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するものといわざるを得ない。

2 請求人(出願人)(以下「請求人」という。)の主張について
請求人は、「本願商標は商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当しない。」旨主張し、その理由を以下(1)ないし(3)の如く述べている。

(1)本願商標からは「万が一、契約者である本人(被保険者)が死亡した場合に、家族を構成する者(配偶者や子)に金銭が支払われる制度」や「家族を構成する者(配偶者や子である従たる被保険者)が保険事故に遭遇した場合に、金銭が支払われる制度」という意味合いを把握・理解することができるが、原査定が認定するところの「契約者(主たる保険者)の好みに応じて選択できる」といった意味合いを直接的に把握・理解することはできない。そして、実際の取引においても、原査定の認定する用いられ方はされていない。
よって、原査定の認定は、同業界における需要者等の認識とはあまりにも乖離したものであって、妥当性を欠くものである。

(2)本願商標が付された保険商品は、様々な媒体で取り上げられ、保険業界において、請求人を表示する商標として広く知られるに至っているものである。
したがって、本願商標に接する需要者は、本願商標が役務の内容、質等について表示したものとは認識しないものである。

(3)過去の登録例からすれば、本願商標も登録されるべきである。

3 請求人の主張に対する反論
(1)前記2(1)に対する反論
請求人は、「原査定が、本願商標から直接的に把握・理解できると認定した『契約者(主たる保険者)の好みに応じて選択できる』といった意味合いは、同業界における需要者等の認識と乖離したもので妥当性を欠くものである」旨述べているが、そもそも保険の契約にあたっては、契約者は、保険会社がそれぞれの契約者(家族)の状況に合わせて設定した保険や、あるいは、契約者それぞれが自分(家族)の状況に合わせ「死亡給付、傷害給付、入院給付」等の各種給付を組み合わせて設定した多種多様の保険の中から選択し、契約しているのが実情であることからすれば、契約者は、実質的に本人(契約者)の好み(状況)に応じて、(保険のタイプを)選択しているということがいえるものである。
また、本願商標「かぞくへの保険」は、請求人も主張するとおり、「『万が一、契約者である本人(被保険者)が死亡した場合に、家族を構成する者(配偶者や子)に金銭が支払われる制度』や『家族を構成する者(配偶者や子である従たる被保険者)が保険事故に遭遇した場合に、金銭が支払われる制度』」すなわち、「家族のための保険」であることを認識させ、かつ、別掲に示すとおり、家族のために加入する保険が実在し、それを「家族のための保険」等と称していることからすれば、本願商標をその指定役務中の「家族に給付金等が支払われるタイプの生命保険契約に関する役務」に使用しても、「家族のための保険」すなわち、「家族のために加入する保険に関する役務」であることを理解させるものであること前記1のとおりであり、原査定の認定が妥当性を欠くということはできない。
よって、請求人のかかる主張は、採用することができない。

(2)前記2(2)に対する反論
請求人の主張を立証するための証拠資料である資料5、資料23ないし資料25をみるに、資料5(「GOOGLE検索結果のプリントアウト」)において、「かぞくへの保険」をキーワードとした検索結果で、「かぞくへの保険」の語が、実際に使用されている事実、資料23(「週刊ダイヤモンド2009年3月14日号」)及び資料24(「日経ヴェリタス(2009年5月24日発行)」)において、「かぞくへの保険」が、「プロが入りたい保険」、「保険のプロ17人に聞いた入りたい死亡保障」の第一位に選ばれるなどしている事実はうかがうことができる。
しかしながら、GOOGLEの検索結果によると、該語とともに請求人の略称である「ライフネット生命保険」や「ライフネット生命」等の語が使用されているものである。
また、本願商標を付した指定役務にかかる売上データや、保険業界においける市場占有率等について、なんら言及されておらず、かつ、それを立証すべき証拠資料の提出もない。
さらに資料25(審判請求人の業務に係る保険商品の広報一覧)をみても、本願商標の使用例は、その一部(1件)にすぎない。
そうとすれば、請求人の提出した資料によっては、本願商標が、請求人を表示する商標として広く知られるに至っているものとは、認めることができない。
してみれば、請求人の「本願商標に接する需要者は、本願商標が役務の内容、質等について表示したものとは認識しない」とする主張は客観的な理由がなく、かかる主張も採用することができない。

(3)前記2(3)に対する反論
請求人の提示する登録例等は、商標の構成等において本願とは事案を異にするものであり、それらの登録例をもって、本願商標の登録の適否を判断する基準とするのは必ずしも適切とはいえないことから、請求人の係る主張も採用することができない。

(4)その他の請求人の主張をもってしても、原査定の拒絶の理由を覆すことはできない。

4 まとめ
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして、本願を拒絶した原査定は、妥当であって、取り消すことはできない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲 「家族のための保険」等の語の使用の実情
(1)「保険市場」のウェブサイトにおける「保険を学ぼう!保険教室」のタイトルの下、「家族のために入る保険を考えるポイント?必要な保障額って??」の項目に、「(1)家族のために入る保険を決める流れ」及び「家族のために入る保険とは、一家の大黒柱(以降、一家の大黒柱・主な収入を得ている方を『夫』とします。妻が一家の大黒柱となっている場合は、夫を妻と置き換えて考えてください)の万が一に、遺された家族の生活費や子供がいればその教育費をまかなうために入る死亡保険のことをいいます。」の記載がある。
(http://www.hokende.com/kyousitu/koza06.html)

(2)「自分と家族の医療保険」のウェブサイトにおける「もっと医療保険を知ろう」の項目に、「さらに、自分と家族に合った保険を選ぶためのポイントや、失敗しない保険会社の選び方についてご説明しましょう。」の記載、「医療保険の二つの種類」の項目に、「医療保険には大きく分けて、家族のための保険と自分のための保険という二種類のものがあります。」の記載がある。
(http://www.ddtweb.net/)

(3)「保険見直し相談 Life Guide ライフガイド」のウェブサイトにおける「保険選びの極意」のタイトルの下、「あなたにぴったりな保険(ライフスタイル)」の項目に、「保険には大きく分けて2種類あります。ひとつは家族のために入る保険、もうひとつは自分のための保険です。家族のために入る保険は、一家の大黒柱が万が一亡くなったときに、残された家族の生活費などを保障するための死亡保険です。自分のための保険とは、主に医療保険(入院保険)のことを言います。」の記載がある。
(http://www.life-guide.jp/select/page3.html)

(4)「株式会社スリー・エル」のウェブサイトにおける「ライフステージ別保険紹介」のタイトルの下、「結婚をした時 夫婦の生活に会わせ、思いやりのある保険選びを」の項目に、「守るべき人ができたあなたは、これまでの自分のための保険からご家族のための保険へと、保障を見直す時と言えるのではないでしょうか?」の記載がある。
(http://www.three-l.jp/per2.html)

(5)「AllAbout」のウェブサイトにおける「マネー」の項目の「イザというときに!家族のための保険」のタイトルの下、「ファミリーを持つお父さん、お母さんはイザというときに備えていないとダメ。CFPを持つファミリーのお金のスペシャリストが、生命保険や医療保険、火災保険などについての考え方や注意点をわかりやすく解説します。」の記載がある。
(http://allabout.co.jp/finance/gl/1048/)

(6)「入って安心!生命保険の知恵袋」のウェブサイトにおける「家族のために選ぶ!」のタイトルの下、「家族がいる場合は、その年齢によってもかける保険と保障額が違ってきます。例えば、子供が育ち盛りの30代男性であれば、入院費用の負担をできるだけ軽くできるように、入院給付金を厚くカバーする必要があります。」の記載がある。
(http://www.hoken-chiebukuro.com/to-family.php)

(7)「生命保険の比較・見直しなら生命保険ジャパン」のウェブサイトにおける「生命保険に何を求めるか?」のタイトルの下、「生命保険とは家の次に高い買い物である、といわれます。しかし、家が目に見えるものであるのに対し、保険というのは目に見えません。生涯の高い買い物であるわりには、安直な理由で保険に加入していないでしょうか?義理で入ったとか、職場で勧められてとか、ただ入っているだけで安心だとか・・・。生命保険に何を求めるか、そこをしっかり押さえて加入しないと自分にあった保険選びはできません。なんのために保険に入るのか、誰のために入るのか。どのくらいの保障が欲しいのか、どんな時に保障を受けたいのか・・・。それらをはっきりさせる必要があるでしょう。ズバリ、生命保険に加入する目的は次の2点ではないでしょうか? 1.自分に万一があったとき、残された遺族の生活保障(生命保険) 2.病気やケガで入院したときの保障(医療保険) 1.は自分以外の家族のための保障であり、2.は自分のための保障ということになるでしょう。このほかにも生命保険に入る目的は、老後の資金づくりのため(養老保険、個人年金)や子供の将来に必要な教育費、養育費用の工面(学資保険)などがあります。」の記載がある。
(http://www.comjapan.gr.jp/)




審理終結日 2010-03-11 
結審通知日 2010-03-18 
審決日 2010-05-25 
出願番号 商願2007-106962(T2007-106962) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (X36)
T 1 8・ 13- Z (X36)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 津金 純子今田 三男 
特許庁審判長 野口 美代子
特許庁審判官 豊田 純一
小川 きみえ
商標の称呼 カゾクエノホケン、カゾクエノ 
代理人 森 智香子 
代理人 岩瀬 吉和 
代理人 北口 貴大 
代理人 城山 康文 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ