• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 登録しない Y44
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない Y44
管理番号 1203738 
審判番号 不服2006-22561 
総通号数 118 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2009-10-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2006-10-05 
確定日 2009-08-13 
事件の表示 商願2005-40353拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 第1 本願商標
本願商標は、「イメージダイエット」の片仮名文字を標準文字で表してななり、第44類「ヘルスケアにおける画像解析,脂肪又は血糖値の測定,その他の身体機能の測定,医療情報の提供,美容,理容,入浴施設の提供,庭園又は花壇の手入れ,庭園樹の植樹,肥料の散布,雑草の防除,有害動物の防除(農業・園芸又は林業に関するものに限る。),あん摩・マッサージ及び指圧,カイロプラクティック,きゅう,柔道整復,はり,栄養の指導,動物の飼育,動物の治療,植木の貸与,農業用機械器具の貸与,医療用機械器具の貸与,漁業用機械器具の貸与,美容院用又は理髪店用の機械器具の貸与,芝刈機の貸与」を指定役務として、平成17年5月9日に登録出願されたものである。

第2 原査定の拒絶の理由の要旨
原査定は、「本願商標は、『イメージダイエット』の標準文字よりなるところ、前記文字は、『例えば、理想の体型をイメージすることで、脳に刺激を与えることでダイエットを行う方法のようにダイエット方法の一種類』とし使用され、書籍等の関連商品の販売、あるいは、個人のダイエットに関するブログ等でも使用されている実情からすれば、本願商標をその指定役務中、例えば『ヘルスケアにおける画像解析,脂肪又は血糖値の測定,その他の身体機能の測定,医療情報の提供,美容,あん摩・マッサージ及び指圧,カイロプラクティック,きゅう,柔道整復,はり,栄養の指導,医療用機械器具の貸与等のヘルスケア・美容等のダイエットに関連する役務及びそれらの機械器具の貸与』に使用するときには、『イメージダイエットに関する役務であること』を認識させるので、本願商標は需要者が何人かの役務に係る商標であることを認識することができない商標と認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当し、前記役務以外の役務に使用するときは、役務の質の誤認を生じさせるおそれがあるから、同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

第3 当審における証拠調べ通知
本願商標を構成する「イメージダイエット」及びその構成中の「イメージ」及び「ダイエット」の各語に関して、以下の事実が認められる。
1.辞書における記載
(1)「イメージ」の語に関し、
ア 株式会社岩波書店発行「広辞苑」第六版には、「1.心の中に思い浮かべる像。全体的な印象。心象。2.姿。形象。映像。」とあり、「イメージ」の語を語頭とする用例として「イメージ‐アップ(他人に与える印象や世間の評判を良くすること。)、イメージ‐キャラクター(企業・商品や催し物に好ましい印象を与えるために、広告・宣伝に起用する人物。)、イメージ‐サークル(カメラのレンズが良好な象を結ぶ円形の領域)、イメージ‐スキャナー(図形・写真などを直接読み取る装置。紙に書かれたり印刷されたりした図形・写真などに光を当て、その反射光をCCDなどで読み取る。スキャナー。)、イメージ‐ダウン(他人に与える印象や世間の評判が悪くなること。)、イメージ‐チェンジ(見る人が新鮮な感じを持つように、やり方・外見などを改めること。)、イメージ‐トレーニング(スポーツで、実際には体を動かさず、動作を思い描くことによって上達を図るトレーニング方法。)、イメージ‐プログラム(風景や人物などの被写体別に最適な絞りやシャッター速度を自動的に選択する機能)、イメージ‐プロセッシング(画像処理。)」等の記載。
イ 株式会社三省堂発行「大辞林第三版」には、「1.心の中に思い浮かべる姿や情景。心象。形象。2.心の中に思い描くこと。3.目の前にない対象を直感的・具体的に思い描いた像。」とあり、「イメージ」の語を語頭とする用例として「イメージ‐アップ(見かけを洗練して、与える印象をよくすること。)、イメージ‐キャラクター(特定の企業や商品イメージの向上のためにその広告に起用される人物。)、イメージ‐スキャナー(図形・絵・写真などをデジタル方式のデータに変換してコンピューターに取り込む装置。)、イメージ‐ダウン(印象が悪くなること。)、イメージ‐チェンジ(外見・服装・化粧などをすっかりかえて、全くちがった印象を与えること。)、イメージ‐トレーニング(実際に体を動かさずにイメージを思い描くことによって、技術や戦術を習熟させるトレーニング方法。)」等の記載。
ウ 株式会社綜合社発行「imidas現代人のカタカナ語欧文略語辞典」には、「像。映像。心象。印象。」とあり、「イメージ」の語を語頭とする用例として「イメージアップ(印象や評判などをよくすること。)、イメージキャラクター(広告などに登場し、企業や商品などのイメージを印象づける人や主人公。)、イメージ広告(商品や企業特性を直接的に説明するのでなく、そのイメージを情緒的に伝える広告。)、イメージソング(企業、団体、商品などの印象を高め、販売促進などを図るための歌。)、イメージダウン(印象や評判などが悪くなること。)、イメージチェンジ(印象を変えること。)、イメージ調査(一般大衆がその企業や商品などについてもっているイメージを調べること。)、イメージトレーニング(スポーツ選手が、頭の中で運動動作を思い描き、正しい動作を学習する訓練方法。)、イメージニアリング(顧客が想像し、感じているものを、具体的な商品やサービスにする技術。)、イメージパワー(消費者がもつ企業イメージの浸透度。)」等の記載。
エ 株式会社三省堂発行「コンサイスカタカナ語辞典第3版」には、「1.映像、姿、おもかげ、形象、心像、印象。2.また、それらを心に思いうかべること。」とあり、「イメージ」の語を語頭とする用例として「イメージ‐アップ(他人への印象や世間の評判をよくすること。またよくなること。)、イメージ‐アド(商品や企業の特性を論理的に説明するのではなく、写真や映像に頼って情緒的に伝える広告。印象広告。)、イメージ‐ガール(特定の企業や商品のイメージを向上させるため、当該企業が起用しその広告宣伝に常に登場させる女性。)、イメージ‐キャラクター(特定の企業や商品のイメージにふさわしい人物で、広告宣伝に常に登場し、そのイメージの向上に努める人。)、イメージ‐キャンペーン(特定の企業や商品イメージの構築とその定着を目標として行うキャンペーン。)、イメージ‐コンサルタント(個人や企業などの依頼により、依頼者のよりよいイメージづくりのために指導・助言などを行う者。)、イメージ‐ソング(企業や団体あるいは集会などのイメージを高め雰囲気を盛り上げる目的で作られる明るく歌いやすい歌。)、イメージ‐ダウン(他人への印象や世間の評判を悪くすること。また悪くなること。)、イメージ‐チェンジ(他人への印象や世間の評判を変えることこと。また変わること)、イメージ‐トレーニング(スポーツの練習方法の1。実際に身体を動かすかわりに、正しい身体の動かし方を頭の中に思い描くことにより技術や戦術を学習するもの。)、イメージ‐メーキング(イメージづくり。自分にとって有利なイメージを作り上げること。)」等の記載。
(2)「ダイエット」の語に関し、
ア 前掲「広辞苑」には、「(規定食の意) 美容・健康保持のために食事の量・種類を制限すること。」との記載。
イ 前掲「大辞林」には、「健康や美容のために、食事の量や種類を制限すること。」との記載。
ウ 前掲「imidas現代人のカタカナ語欧文略語辞典」には、「制限食。食事の量や質を制限すること。」との記載。
エ 前掲「コンサイスカタカナ語辞典」には、「1.(やせるために)食事の量・質に制限を加えること。2.太りすぎ防止の低カロリー食品。」との記載。
2.書籍における記載
(1)「女性自身」(光文社)1996年4月30日発行には、「これが話題の3大“楽”ちんダイエットだ!」の標題で、「・・・イメージするだけで痩せられる・・・」、「・・・太る原因やイメージダイエットの簡単な説明、スリムになったな自分をイメージしてみるといった簡単なイメージトレーニングなど・・・」との記載。
(2)「婦人公論」(中央公論社)1998年4月22日発行には、「ああだこうだ」欄には「イメージ・ダイエット」の標題で、「まずイメージするの。・・・」、「・・・肝心なのは、イメージトレーニング・・・」との記載。
(3)「SPA」(株式会社扶桑社)1990年9月19日発行には、「山田美保子の密かにはびこる女たちのトンガリ現象」の標題で、「一度でいい。“痩せすぎ”といわれたい女のコのイメージダイエット作戦」、「‘90イメージダイエットkitの開発」、「・・・ダイエットを億万長者気分でするシュミレーション、イメージダイエット!!」、「・・・と実行しはじめたのが、イメージダイエット。」との記載。
(4)「ベーグル」(株式会社学習研究社)2008年7月1日発行には、「ダイエットでキレイやせ!」の標題で、「ダイエット→リバウンドの連続は、”イメージ不足”が原因だった!!」、「イメージで出る やせホルモン!」との記載。
(5)「長谷川直美のイメージダイエット」(廣済堂出版)1994年6月発行には、目次に「第2章 アルファ波状態でイメージダイエット/第3章 無限の可能性を秘めるイメージダイエット/第4章 イメージダイエットは効果があるの? 第5章 イメージダイエットで心と体が生まれ変わった」、内容には「頭の中に理想の体型をイメージするだけでそれが現実になる。」との記載。
(6)「脳でやせるイメージ・ダイエット」(ぶんか社)2002年4月発行には、「あなたが太っているのは、『脳』に原因があった!」、「『太る脳』を『やせる脳』に変えれば、誰でもやせられる!・・・ダイエット法。」との記載。
(7)「イメージング ダイエット 聴くだけでやせるCDブック」(マガジンハウス)2004年8月26日発行には、出版社/著者からの内容紹介として「イメージの力によって潜在意識を動かし、理想のボディをつくるという、ユニークなダイエット本が登場。」との記載。
3.インターネットにおける記載
(1)「イメージ・ダイエット【簡単ダイエット方法@情報メモ】」のサイトには、「イメージ・ダイエットで脳に刷り込み痩せる」、「イメージ・ダイエット(イメージング・ダイエット)について具体的にもう少し述べると、数ヵ月後など近い未来に理想的な体型になった自分の姿を限りなくリアルに強く強くイメージし、・・・」、「イメージ・ダイエットでダイエット成功を疑似体験」、「イメージ・ダイエットで理想のスタイルを頭に焼き付ける」との記載。
(http://diet.whee-up.com/easy_diet/diet05.shtml)
(2)「脳でやせる! イメージダイエット|ダイエット塾」のサイトには、「自分の理想とする姿を強くイメージすると、そのイメージは実現できる・・・そういわれていることを知っていますか? そこで、『やせた自分』をイメージすることによって美しくやせよう、というのがイメージダイエット。」、「イメージダイエットでは、脳にインプットされている太った自分の姿を消去し、スリムな姿の映像をインプットしてあげることが大切」との記載。
(http://www.100diet.jp/column/81.html)
(3)「イメージダイエット法-理想のスタイルを手に入れる」のサイトでは、「『イメージダイエット法』というマニュアルは・・・」との記載。
(http://www.arkworld.co.jp/nt565/diet/)
(4)「イメージダイエット体脂肪チェック、ストーンワールド元気のでる館広島」のサイトでは、「理想のプロポーションを手に入れるイメージダイエット」との記載。
(http://homepage2.nifty.com/stn/d06yaseru.html)
(5)「南大阪・大阪狭山市ライトエンジェル・ヒプノセラピー(催眠療法)前世療法・ダイエット・願望実現」のサイトでは、「【イメージダイエットプログラム】」として、「硬くなった筋肉をほぐし、痩せやすい体を作りながら、潜在意識の中に理想のボディの自分の姿をインプットしていきます。 ※身体の中で一番大きな関節の骨盤まわりを調整、股関節の可動域を上げるボディーワークと、なりたい自分のイメージを潜在意識にインプットする、心身両面からのアプローチで、あなたも無理なく、理想のボディに!」との記載。
(http://www.light-angel.com/hypno.html)
(6)「ダイエットセラピー&アマンダ体操」のサイトでは、内容として「ヒプノセラピーチューニング1時間」、「(食事制限、行動パターンを修正、ストレス解放、イメージダイエット)」との記載。
http://www.g-nius5.com/diet/diet.html
(7)「イメージダイエット・健康ダイエット・美白ダイエット・jolidiet」のサイトでは、「若くて綺麗なイメージダイエット」、「一流アスリートは、イメージトレーニングを欠かしません。ダイエットも、半年後、1年後の若くて、たくましいく綺麗になった自分をイメージして、ダイエットを続けましょう。」との記載。
(http://jolidiet.com/)

第4 請求人の意見の要旨
請求人は、前記第3の証拠調べ通知に対して、指定した期間内に何ら意見を述べていない。

第5 当審の判断
本願商標は、前記第1のとおり「イメージダイエット」の文字を標準文字で表してなるものである。
そして、「イメージダイエット」及びその構成中の「イメージ」及び「ダイエット」の各語に関して、平成21年4月7日付けの証拠調べ通知書により通知したとおり、辞書等によると、「イメージ」の語は、「心の中に思い描く像や姿や情景。全体的な印象。心象。形象。映像。」等の意を有し、「ダイエット」の語は、「食事の量や質や種類を制限すること。」等の意を有するものであり、「イメージ」の語を先頭に有し他の語と結びついた語(イメージアップ、イメージアド、イメージガール、イメージキャラクター、イメージキャンペーン、イメージサークル、イメージコンサルタント、イメージスキャナー、イメージダウン、イメージチェンジ、イメージトレーニング、イメージプログラム、イメージプロセッシン、イメージ広告、イメージソング、イメージ調査、イメージニアリング、イメージパワー、イメージメーキング)が多数存在するものである。
そうとすると、本願商標は「イメージダイエット」の文字からなるが、「自分の理想とする姿を心の中に思い浮かべて行うダイエット」程度の意を容易に理解させるものである。
また、「イメージダイエット」の語は、上記に類する意味で「ダイエットの一種類」として、書籍にもインターネット情報においても、多数使用されている事実がある。
以上の事実を総合すると、本願商標は、これをその指定役務中「ダイエット」に関連する役務、「ヘルスケアにおける画像解析,脂肪又は血糖値の測定,その他の身体機能の測定,医療情報の提供,美容,あん摩・マッサージ及び指圧,カイロプラクティック,きゅう,柔道整復,はり,栄養の指導,医療用機械器具の貸与」に使用するときには、「イメージダイエットに関することを行う役務」を認識させるから、需要者が何人かの業務に係る役務であることを認識することができない商標というのが相当であって、かつ、前記役務以外の役務に使用するときは、役務の質の誤認を生ずるおそれがあるものと認められる。
なお、請求人は、過去の登録例を挙げて、本願商標も登録されるべきものである旨主張しているが、請求人が主張する過去の登録例にかかる商標は、本願商標とその構成態様を異にするものであって、本件とは事案を異にするものであるから、請求人のその主張を採用することはできない。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号及び同法第4条第1項第16号に該当し、登録することはできない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 2009-06-09 
結審通知日 2009-06-16 
審決日 2009-07-02 
出願番号 商願2005-40353(T2005-40353) 
審決分類 T 1 8・ 272- Z (Y44)
T 1 8・ 16- Z (Y44)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 小俣 克巳 
特許庁審判長 石田 清
特許庁審判官 木村 一弘
末武 久佳
商標の称呼 イメージダイエット、イメージ 
代理人 森 厚夫 
代理人 西川 惠清 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ