• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商6条一商標一出願 取り消して登録 Y1724
管理番号 1202149 
審判番号 不服2008-650140 
総通号数 117 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2009-09-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2008-10-02 
確定日 2009-06-10 
事件の表示 国際登録第908335号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「BGF」の欧文字を横書きしてなり、第17類及び第24類に属する国際登録において指定された商品を指定商品として、2006年3月23日にUnited States of Americaにおいてした商標登録出願に基づいてパリ条約第4条による優先権を主張し、2006年(平成18年)8月23日を国際登録の日とするものである。そして、その後、指定商品については、2007年11月15日付けで国際登録簿に記録された取消しの通報及び2008年10月2日付けで国際登録簿に記録された限定の通報があった結果、最終的に、第17類「Insulating materials,in particular nonwoven insulating blankets formed at least partially of glass fibers,aramid fibers,carbon fibers,and/or silica fibers for thermal and acoustic shielding of automotive,appliance,construction,and industrial parts.」及び第24類「Woven fabric formed at least partially of fiber glass,aramid,and/or carbon fibers for use in the manufacture of printed circuit boards,composite structures,marine products,construction products,sporting goods,industrial parts,high temperature filtration media,window shades,curtains and vertical blinds.」とされたものである。
2 原査定における拒絶の理由(要点)
原査定は、「指定商品は、商標とともに権利範囲を定めるものであるから、その内容及び範囲は明確でなければならないところ、本願に係る指定商品の表示は、その内容及び範囲を明確に指定したものとは認められない。したがって、本願は、商標法第6条第1項の要件を具備しない。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。
3 当審の判断
本願商標は、その指定商品について前記1のとおり限定された結果、商品の内容及び範囲が明確なものになったと認められる。
その結果、本願商標の指定商品は、商標法第6条第1項の要件を具備するものとなった。
したがって、原査定の拒絶の理由は解消した。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2009-05-28 
国際登録番号 0908335 
審決分類 T 1 8・ 91- WY (Y1724)
最終処分 成立 
前審関与審査官 小田 昌子旦 克昌 
特許庁審判長 小林 由美子
特許庁審判官 野口 美代子
木村 一弘
商標の称呼 ビイジイエフ 
代理人 浅野 典子 
代理人 風早 信昭 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ