• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

この審決には、下記の判例・審決が関連していると思われます。
審判番号(事件番号) データベース 権利
不服200323215 審決 商標
不服200414298 審決 商標
不服200425225 審決 商標
不服200317450 審決 商標
不服200319510 審決 商標

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 取り消して登録 Y050911162835394142
管理番号 1143505 
審判番号 不服2005-8568 
総通号数 82 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2006-10-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2005-05-09 
確定日 2006-09-29 
事件の表示 商願2004-62752拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲のとおりの構成よりなり、第5類、第9類、第11類、第16類、第28類、第35類、第39類、第41類及び第42類に属する願書記載のとおりの商品及び役務を指定商品及び指定役務として、平成16年7月7日に登録出願されたものである。そして、指定商品及び指定役務については、同17年2月23日付け手続補正書により、第5類「スプレー式殺虫剤」、第9類「燃料電池及びその部品,燃料電池発電装置,充電式燃料電池,金属を陽極として利用するあるいはアルカリ液を電解質として利用する燃料電池,陽子交換膜型燃料電池,その他の燃料電池,燃料電池スタック,燃料電池用変換部品,圧縮天然ガスステーション用装置,ガス不完全燃焼報知器,熱供給に際して使用した熱を熱媒の流量と出入りの温度差から測定するための装置,オゾン発生器,電解槽,火災報知機,ガス漏れ警報器,盗難警報器,保安用ヘルメット,理化学機械器具,光学機械器具,測定機械器具,配電用又は制御用の機械器具,回転変流機,調相機,電池,電気磁気測定器,電線及びケーブル,電気アイロン,電気式ヘアカーラー,電気ブザー,携帯式電話機用ストラップ,電気通信機械器具,電子応用機械器具及びその部品,磁心,抵抗線,電極,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物」、第11類「ガス吸収式空調設備,業務用炊飯器,業務用煮炊釜,業務用焼物器,業務用レンジ,家庭用ガス炊飯器,ガス衣類乾燥機,浴室暖房器,業務用衣類乾燥機,コージェネレーションシステムにより行う給湯冷暖房装置,給湯暖房を一つの熱源機でトータルに行うガスによる暖冷房給湯設備,ガス温水式床暖房装置,ガス給湯器,業務用ガスコンロ,ガス灯,ユニットバス,シャワーヘッド,シャワータワー,便所ユニット,浴室ユニット,乾燥装置,換熱器,蒸煮装置,蒸発装置,蒸留装置,熱交換器,暖冷房装置,冷凍機械器具,業務用加熱調理機械器具,業務用食器乾燥機,太陽熱利用温水器,家庭用電熱用品類,水道蛇口用座金,水道蛇口用ワッシャー,ガス湯沸かし器,加熱器,調理台,流し台,アイスボックス,氷冷蔵庫,家庭用浄水器,浴槽類,ガスランプ」、第16類「紙類,文房具類,印刷物,写真,写真立て」、第28類「スキーワックス,遊園地用機械器具(業務用テレビゲーム機を除く。),愛玩動物用おもちゃ,おもちゃ,人形,囲碁用具,歌がるた,将棋用具,さいころ,すごろく,ダイスカップ,ダイヤモンドゲーム,チェス用具,チェッカー用具,手品用具,ドミノ用具,トランプ,花札,マージャン用具,遊戯用器具,ビリヤード用具,運動用具,釣り具,昆虫採集用具,電子ゲームおもちゃ(テレビジョン受像機専用のものを除く。),動くおもちゃ,送受信機能付携帯用液晶画面ゲームおもちゃ及びその他の携帯用液晶画面ゲームおもちゃ」、第35類「インターネット・携帯電話及びコンピュータ通信ネットワークを利用した広告及び広告の代理,インターネットなどの通信回線を利用した広告及び商品の販売に関する情報の提供,住宅設備機器の展示場の企画,広告のための展示場の提供,販売促進のための住宅設備機器の展示の企画・運営・開催,経営の診断又は経営に関する助言,市場調査,商品の販売に関する情報の提供,書類の複製」、第39類「地域暖冷房の供給,熱電併給システムによる熱の供給,ガスの供給,電気の供給,水の供給,熱の供給」、第41類「住宅及び住宅設備に関する知識の教授,住宅のリフォームに関する知識の教授,住宅に関するセミナーの企画・運営又は開催,技芸・スポーツ又は知識の教授,テレビジョン放送の番組及びラジオ放送の番組の作成,セミナーの企画・運営又は開催,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,書籍の制作,映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,映画の上映・制作又は配給,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏,放送番組の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),放送番組の制作における演出,映像機器・音声機器等の機器であって放送番組の制作のために使用されるものの操作,スポーツの興行の企画・運営又は開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),音響用又は映像用のスタジオの提供,運動施設の提供,娯楽施設の提供,映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供,興行場の座席の手配,映画機械器具の貸与,映写フィルムの貸与,図書の貸与,レコード又は録音済み磁気テープの貸与,録画済み磁気テープの貸与,ネガフィルムの貸与,ポジフィルムの貸与,おもちゃの貸与,遊園地用機械器具の貸与,遊戯用器具の貸与」及び第42類「省エネルギーの調査及び研究に関するコンサルティング,住環境・自然環境の調査及び研究に関するコンサルティング,住宅の設計,高齢者向け住宅への増改築の設計に関する相談・助言,住宅リフォームの設計,省エネルギーのための家庭内・オフィス内又は工場内の電気・ガス・水道の使用状況に関する調査及びこれらに関する情報の提供,家庭内・オフィス内又は工場内の電気機器・ガス機器・水道機器に取り付けられた監視用の電子計算機用プログラムの遠隔操作,住宅設備機器の展示場の設計,商品展示のデザインの考案,気象情報の提供,建築物の設計,機械・装置若しくは器具(これらの部品を含む。)又はこれらの機械等により構成される設備の設計,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,電子計算機・自動車その他その用途に応じて的確な操作をするためには高度の専門的な知識・技術又は経験を必要とする機械の性能・操作方法等に関する紹介及び説明,建築又は都市計画に関する研究,公害の防止に関する試験又は研究,電気に関する試験又は研究,機械器具に関する試験又は研究,計測器の貸与,電子計算機の貸与,電子計算機用プログラムの提供,理化学機械器具の貸与」に補正されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、『間違いなくガスだね』程の意味合いを看取させるものであるから、これを本願指定役務に使用する場合、ガスの利便性を表した一種のキャッチフレーズとしか認識し得ないものであり、これを本願指定商品・役務に使用しても需要者が何人かの業務に係る役務であることを認識することができない。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲のとおり、「マサに」及び「ガスだね」の文字を上下二段に横書きし、同書、同大及び等間隔でバランスよく配置し、カタカナ文字部分は白抜きに、一方、ひらがな文字部分は塗りつぶして表されてなるものである。そして、その構成中上段部の「マサに」は「間違いなく。たしかに。まさしく。ちょうど今。」等の意味合いを有する「まさに(正に)」に通じるものであり、下段の「ガスだね」は、「石炭ガス・天然ガスなど、燃料系の気体」を意味する「ガス」、断定の助動詞「だ」及び相手に念を押し、又は軽い感動を表す間投助詞「ね」の結合よりなるものであることから、本願商標の構成全体からは、原審説示のごとく「間違いなくガスだね」、「まさしくガスだね」といった意味合いを想起させるものというのが相当である。
しかしながら、本願商標を本願指定商品及び指定役務に使用した場合、これに接する取引者、需要者が、直ちに、商品の品質や役務の質その他の特徴、あるいは、企業のスローガンなどを簡潔に表示したキャッチフレーズとして一般に認識するとは言い得ない。かつ、当審において職権をもって調査するも、該構成文字が、原審説示のような「ガスの利便性を表した一種のキャッチフレーズ」として、取引上普通に使用されている事実は発見できなかった。
してみれば、本願商標をその指定商品及び指定役務について使用しても、これに接する取引者、需要者は、何人かの業務に係る商品及び役務であることを認識することができないものとはいい得ず、本願商標は、自他商品役務識別力を有しないということはできない。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 別掲(本願商標)


審決日 2006-09-20 
出願番号 商願2004-62752(T2004-62752) 
審決分類 T 1 8・ 16- WY (Y050911162835394142)
最終処分 成立 
前審関与審査官 石田 清小川 きみえ 
特許庁審判長 山口 烈
特許庁審判官 青木 博文
矢代 達雄
商標の称呼 マサニガスダネ 
代理人 内野 雅子 
代理人 小橋 信淳 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ