• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 Y16
審判 査定不服 称呼類似 取り消して登録 Y16
管理番号 1126101 
審判番号 不服2004-13389 
総通号数 72 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2005-12-22 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2004-06-29 
確定日 2005-11-15 
事件の表示 商願2003-113813拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「ナンプレジャック」の文字を標準文字で表してなり、第16類に属する願書記載の商品を指定商品として、平成15年12月22日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、以下のとおり認定、判断し、本願を拒絶したものである。
(1)本願商標は、構成中に、品質表示で、マス目に数字を埋めていくナンバープレイスの専門雑誌を指称する「ナンプレ」の文字を顕著に有するものであって、該文字部分は、本願指定商品の編纂発行形態を指称するものであるから、該文字に照応する「ナンバープレイスの専門新聞,ナンバープレイスの専門雑誌,ナンバープレイスの専門ムック」以外の商品に使用した場合には、商品の品質の誤認を生ずるおそれがあるものと認める。
したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第16号に該当する。
(2)本願商標は、登録第3223749号商標(以下「引用商標」という。)と同一又は類似であって、その商標に係る指定商品と同一又は類似の商品について使用するものであるから、商標法第4条第1項第11号に該当する。
なお、引用商標は、「ナンプレ」の文字を書してなり、平成6年3月15日登録出願、第16類に属する商標登録原簿に記載のとおりの商品を指定商品として、平成8年11月29日に設定登録され、現在も有効に存続しているものである。

3 当審の判断
(1)商標法第4条第1項第16号について
本願商標は、「ナンプレジャック」の文字を書してなるところ、これは標準文字で視覚上一体的に表示されているものであり、また、構成中の「ナンプレ」の文字が、原審説示の如き意味合いを直ちに看取させるものとはいえず、かかる構成においては、商品の品質を直ちに認識させるとはいい難く、むしろ、本願商標全体として特定の意味合いを看取することのない一種の造語として認識・把握されるとみるのが相当である。
してみると、本願商標をその指定商品中のいずれの商品に使用しても、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがないものといわざるを得ない。
そうすると、本願商標が商標法第4条第1項第16号に該当するとして、本願を拒絶した原査定は妥当ではない。
(2)商標法第4条第1項第11号について
本願商標は前記認定のとおり、一体的に把握される特定の意味合いを看取することのない一種の造語として認識・把握されるとみるのが相当であり、全体の構成文字に相応した「ナンプレジャック」の一連の称呼のみを生ずるものとするのが相当である。
そうすると、本願商標より「ナンプレ」の称呼をも生ずるとし、その上で、本願商標と引用商標が称呼上類似するものとして、本願商標を商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は妥当ではない。
(3)したがって、本願商標が商標法第4条第1項第11号及び同第16号に該当するとして、本願を拒絶した原査定は、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2005-11-04 
出願番号 商願2003-113813(T2003-113813) 
審決分類 T 1 8・ 272- WY (Y16)
T 1 8・ 262- WY (Y16)
最終処分 成立 
前審関与審査官 八木橋 正雄 
特許庁審判長 柴田 昭夫
特許庁審判官 岩崎 良子
堀内 真一
商標の称呼 ナンプレジャック 
代理人 山下 雅昭 
代理人 東田 潔 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ