• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 Y32
管理番号 1109990 
審判番号 不服2003-16953 
総通号数 62 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2005-02-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2003-09-03 
確定日 2005-01-12 
事件の表示 商願2002- 59549拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「Real & Natural」の文字と「リアル アンド ナチュラル」の文字を二段に表してなり、第32類「清涼飲料」を指定商品として、平成14年7月16日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要点
原査定は、「本願商標は、『Real & Natural』の欧文字と『リアル アンド ナチュラル』のカタカナ文字とを普通に用いられる方法で二段に表してなるものであるが、その構成中の『Real』及びその表音『リアル』の文字は、『本当の、現実の、本物の』という意味合いを認識させ、また、『Natural』及びその表音『ナチュラル』の文字は、『天然の、自然の』を認識させるものであり、全体としても食品を取り扱う業界においては、『素材そのままの物で調味料や添加物を加えていない自然のままであるもの』という意味合いを普通に想起するものであるから、これをその指定商品に使用しても、単に商品の品質を表示するものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、前項1で述べたとおり「Real & Natural」の文字と「リアル アンド ナチュラル」の文字を二段に表してなるところ、構成中「Real」及び「リアル」の文字が「真の,ほんとうの,実質的」を、「Natural」及び「ナチュラル」の文字が「自然の,天然の,自然のまま」を意味するものであるとしても、両語を「&」及び「アンド」を用いて結合した構成よりなる「Real & Natural」の文字と「リアル アンド ナチュラル」の文字より、直ちに商品の品質等を認識、理解させるものとはいい難く、一種の造語として認識するものとみるのが相当である。
また、職権により調査するも、本願指定商品との関係において「Real & Natural」の文字及び「リアル アンド ナチュラル」の文字が商品の品質等を表示するものとして普通に使用されている事実を見いだすことはできなかった。
そうとすれば、本願商標は、その指定商品の品質等を表示するものではなく、自他商品識別標識として充分に機能し得るものであるとするのが相当である。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第3号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当でなく取消を免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2004-12-22 
出願番号 商願2002-59549(T2002-59549) 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (Y32)
最終処分 成立 
前審関与審査官 鈴木 斎土生 理恵子鈴木 幸一 
特許庁審判長 涌井 幸一
特許庁審判官 富田 領一郎
田中 亨子
商標の称呼 リアルアンドナチュラル、リアルナチュラル 
代理人 大房 孝次 
代理人 白濱 國雄 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ