• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項6号 1号から5号以外のもの 取り消して登録 Z21
管理番号 1096548 
審判番号 不服2002-1135 
総通号数 54 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2004-06-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2002-01-21 
確定日 2004-04-28 
事件の表示 商願2000- 86504拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「スーパーエココート」の文字を書してなり、第21類「ガラス製又は陶磁製の包装用容器」を指定商品とし、平成12年8月4日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、『より優れたこと』を意味する外来語で、品質の優秀さを誇示するための文字として普通に採択使用されている『スーパー』の文字と、元来は生態学を意味したが、公害等が世界的問題となる中で人間と地球環境の共存について強く叫ばれるようになった今日、地球環境に配慮した商品であることを表すものとして一般に使用されている語『エコロジー』を容易に認識する『エコ』の文字と、『表面を覆う、コーティングする』という意味合いに通ずる『コート』の文字とを一連に『スーパーエココート』と普通に用いられる方法で書してなるから、これを本願指定商品に使用しても、これに接する需要者・取引者は『環境に配慮して、表面をコーティングした商品』を認識するにすぎず、該表示のみをして自他商品識別標識としての機能を具備するものとは認め難いものであり、よって、需要者が何人かの業務に係る商品であるかを認識することができないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第6号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記1のとおり、「スーパーエココート」の文字を表してなるところ、その構成中の「スーパー」の文字が商品の品質を誇示する語であり、「エコ」の文字が「エコロジー(生態学、環境保護、自然保護運動)」の略語であって、さらに、「コート」の文字が「コーティング(レンズ・フィルターなどの表面に反射防止膜をつける処理、また、その膜)」を想起させる語であるとしても、「スーパーエココート」の文字よりなる本願商標からは、直ちに原査定説示の如き意味合いを看取し得るものとはいい難く、むしろ、構成全体をもって一体不可分の造語と認識し、把握されるとみるのが相当である。
また、当審において調査したが、これが本願の指定商品を取り扱う業界において、商品の品質等を表示するものとして、取引上普通に使用されているとみるべき事実を見出すことができなかった。
そうとすると、本願商標は、これをその指定商品に使用しても、自他商品の識別標識としての機能を果し得るものである。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第6号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当なものでなく、取消しを免れない。
その他、政令で定める期間内に本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2004-04-08 
出願番号 商願2000-86504(T2000-86504) 
審決分類 T 1 8・ 16- WY (Z21)
最終処分 成立 
前審関与審査官 熊谷 道夫藤田 和美 
特許庁審判長 小川 有三
特許庁審判官 早川 文宏
岩内 三夫
商標の称呼 スーパーエココート、エココート、エコ 
代理人 岸本 瑛之助 
代理人 清末 康子 
代理人 日比 紀彦 
代理人 渡邊 彰 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ