• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 Z1642
審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 Z1642
管理番号 1076756 
審判番号 不服2001-7864 
総通号数 42 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2003-06-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2001-05-11 
確定日 2003-05-19 
事件の表示 平成11年商標登録願第67190号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「ブライダルデー」のカタカナ文字を横書きしてなり、第16類及び第42類に属する願書記載の商品及び役務を指定商品及び指定役務として、平成11年7月27日に登録出願され、その後、指定商品及び指定役務については、同13年2月1日付け手続補正書により、第16類「書籍,雑誌,その他の印刷物,書画,写真,文房具類」及び第42類「婚礼のための施設の提供に関する情報の提供,婚礼施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,結婚記念日を祝うための宿泊施設の提供に関する情報の提供,結婚記念日を祝うための飲食物の提供に関する情報の提供,結婚記念日を祝うための宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,結婚記念日を祝うための飲食物の提供の契約の媒介又は取次ぎ,宿泊施設の提供に関する情報の提供,宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,飲食物の提供に関する情報の提供,飲食物の提供の契約の媒介又は取次ぎ,飲食店の予約の取次ぎ,気象情報の提供,求人情報の提供,医療情報の提供,建築物の設計,デザインの考案,電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守」と減縮補正されたものである。

2 原査定の拒絶理由の要点
原査定は、「本願商標は、『結婚式の日』という意味を有する『ブライダルデー』の文字を普通に用いられる方法で表してなるところ、指定役務との関係においては、『結婚式をする(した)日を祝うための役務』を認識させるものであるから、これをその指定役務中、『婚礼のための施設の提供に関する情報の提供,婚礼施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,結婚記念日を祝うための宿泊施設の提供に関する情報の提供,結婚記念日を祝うための飲食物の提供に関する情報の提供,結婚記念日を祝うための宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,結婚記念日を祝うための飲食物の提供の契約の媒介又は取次ぎ』に使用するときは、単に役務の質を表示したにすぎないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記役務以外の役務に使用するときは、役務の質の誤認を生じさせるおそれがあるから、同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断して、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、「ブライダルデー」の文字よりなるところ、その構成中の「ブライダル」の文字は「結婚式、結婚披露宴」等の意味を有する語として、また、「デー」の文字は「日」の意味を有する語として、それぞれ一般に親しまれ使用されているものであるから、商標全体としては、「結婚式の日」程度の意味合いを想起させるものである。
しかしながら、「ブライダルデー」という一連の語は一般需要者に親しまれているものではなく、また、仮に、「ブライダルデー」から「結婚式の日」という意味合いを想起し、そこから「結婚式」や「結婚記念日」を連想することがあるとしても、それらの意味を持つ語として親しまれているのは「ウェディング(セレモニー)」、「ウェディングアニバーサリー」であることからして、常に「結婚式」や「結婚記念日」を認識するとはいえないから、「ブライダルデー」の文字は単に「結婚式の日」という漠然とした意味合いを想起させるにすぎないものといえる。
そうすると、「ブライダルデー」の文字は、本願の指定役務との関係において原審説示の如く「結婚式をする(した)日を祝うための役務」を認識させるものとはいい難く、当審において職権により調査するも、該文字がそのようなものとして使用されている事実は発見することができなかった。
また、本願の指定役務を提供する業界において、役務の質を表示するものとして普通に使用されている事実も見いだせない。
してみれば、本願商標は、本願の指定役務との関係において、その役務の質を直接的に又は具体的に表しているものとはいい難いものであるから、その指定役務中の「婚礼のための施設の提供に関する情報の提供,婚礼施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,結婚記念日を祝うための宿泊施設の提供に関する情報の提供,結婚記念日を祝うための飲食物の提供に関する情報の提供,結婚記念日を祝うための宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,結婚記念日を祝うための飲食物の提供の契約の媒介又は取次ぎ」について使用しても、役務の質を認識させるものとはいうことができず、自他役務の識別標識としての機能を果たし得るものであり、また、上記以外の指定役務に使用しても、役務の質について誤認を生ずるおそれがあるということはできない。
したがって、本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとした原査定は、妥当でなく、取消を免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2003-05-07 
出願番号 商願平11-67190 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (Z1642)
T 1 8・ 272- WY (Z1642)
最終処分 成立 
前審関与審査官 蛭川 一治和田 恵美 
特許庁審判長 大橋 良三
特許庁審判官 富田 領一郎
土井 敬子
商標の称呼 ブライダルデー 
代理人 村田 幹雄 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ