• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 称呼類似 登録しない Z08
管理番号 1064745 
審判番号 不服2000-20169 
総通号数 34 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2002-10-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2000-12-21 
確定日 2002-08-29 
事件の表示 平成11年商標登録願第52283号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「シェイパー」の片仮名文字を横書した構成よりなり、第8類に属する願書記載の商品を指定商品として、平成11年6月10日登録出願、その後、平成12年6月12日付手続補正書により、「眉毛用電気かみそり,その他の電気かみそり及び電気バリカン」と減縮する補正をしたものである。

2 引用商標
原査定において、本願の拒絶の理由に引用した登録第3091706号商標(以下「引用商標」という。)は、「SMALL SHAPER」の欧文字及び「スモールシェイパー」の片仮名文字を二段に横書きした構成よりなり、第10類「家庭用電気マッサージ器」を指定商品として、平成4年4月24日登録出願、同7年10月31日に設定登録されたものである。

3 当審の判断
本願商標は、前記したとおり「シェイパー」の片仮名文字を横書した構成よりなるところ、これに相応して「シェイパー」の称呼を生じること明らかである。
他方、引用商標は、その構成前記したとおり、「SMALL SHAPER」「スモールシェイパー」の文字を二段に書してなるところ、該構成前半の「SMALL」及び「スモール」の文字(語)は、「小さい、小型の」意味合いをもって各種商品の品質(形状)を表わすものとして商取引上において普通に使用されているから、これをその指定商品中、小型の商品について使用した場合には、これ自体を自他商品の識別機能を果たす部分と看取されるとはいい得ないものであり、該構成後半の「SHAPER」及び「シェイパー」の文字部分を自他商品識別標識としての機能を有する主要部分と捉え、これを指標として取引に資すること決して少なくないというべきである。
してみれば、引用商標は、構成中の「SHAPER」「シェイパー」各文字に相応して、単に、「シェイパー」の称呼をも生ずるものである。
そうとすると、本願商標と引用商標とは、それぞれより生ずる「シェイパー」の称呼を共通にする称呼上類似の商標であり、かつ、両者の指定商品は、共に、家庭で用いられる民生用の電気機械器具であって、その製造、販売者又は需要者を同じくする類似の商品である。
したがって、本願商標を商標法第4条第1項第11号に該当するとして、その登録を拒絶した原査定は、妥当であって取り消すことはできない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 2002-06-26 
結審通知日 2002-07-02 
審決日 2002-07-17 
出願番号 商願平11-52283 
審決分類 T 1 8・ 262- Z (Z08)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 鈴木 幸一 
特許庁審判長 宮下 正之
特許庁審判官 高野 義三
平山 啓子
商標の称呼 シェイパー 
代理人 荒川 伸夫 
代理人 安藤 淳二 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ