• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 取り消して登録 041
管理番号 1061490 
審判番号 審判1998-11337 
総通号数 32 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2002-08-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 1998-07-21 
確定日 2002-07-03 
事件の表示 平成 8年商標登録願第 46785号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、「競馬フォーラム」の文字を横書きしてなり、第41類「ファクシミリ通信網による競馬に関する情報の提供、パソコン通信による競馬に関する情報の提供、有料電話サービスによる競馬に関する情報の提供」を指定役務として、平成8年4月26日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由の要旨
原査定は、「本願商標は、本来は『公開討論会、集会』といった意を表すものであったが、近時は『意見や情報の交換・交流の場』といった意味合いをいう語として使用されている『フォーラム』の文字を含み、全体として『競馬に関する意見や情報の交換・交流の場』といった意味合いを看取させる『競馬フォーラム』の文字を、普通に用いられる方法で書してなるから、これを指定役務に使用しても、需要者は、上記意味合いに相当する目的・内容(提供物の特徴)の役務といったことを理解するにとどまり、単にその役務の質(内容等)を表示したものと認識されるにすぎないものと認める。したがって、この商標登録出願に係る商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、「競馬フォーラム」の文字を横書きしてなるところ、構成中前半の「競馬」の文字が「馬場を設け、馬を駆けさせて速力を競い、勝負を決すること。くらべうま」の意味を、後半の「フォーラム」の文字が「古代ローマ時代の公共広場。公開討論会」等の意味を有するものであるが、かかる構成で表された文字の全体からは、直ちに原審説示の如く、競馬に関する意見や情報の交換・交流の場といった意味合いを看取させ、この意味合いに相当する目的・内容(提供物の特徴)の役務といったことを理解するにとどまり、単にその役務の質(内容等)を表示したものと認識させるものとはいい難く、「競馬に関するある種公開の討論会」というほどの意味合いを暗示させることがあるとしても、むしろ、全体として特定の意味合いを看取させない一種の造語よりなるものと判断するのが相当である。
してみれば、本願商標は、これをその指定役務に使用しても、自他役務の識別性を有しない商標とはいえないものである。
したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、取消を免れない。
その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
審決日 2002-06-17 
出願番号 商願平8-46785 
審決分類 T 1 8・ 13- WY (041)
最終処分 成立 
前審関与審査官 平山 啓子薩摩 純一 
特許庁審判長 小林 薫
特許庁審判官 岩崎 良子
大川 志道
商標の称呼 ケイバフォーラム 
代理人 黒田 泰弘 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ