• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申立て  登録を維持 Z3032
審判 全部申立て  登録を維持 Z3032
管理番号 1049175 
異議申立番号 異議2001-90177 
総通号数 24 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標決定公報 
発行日 2001-12-28 
種別 異議の決定 
異議申立日 2001-03-08 
確定日 2001-10-22 
異議申立件数
事件の表示 登録第4437247号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。 
結論 登録第4437247号商標の商標登録を維持する。
理由 1 本件商標
本件登録第4437247号商標(以下「本件商標」という。)は、別記に表示したとおりの構成よりなり、平成9年8月12日登録出願、第30類「コーヒー及びココア,コーヒー豆,茶,調味料,香辛料,米,脱穀済みの大麦,食用粉類,食用グルテン,穀物の加工品,サンドイッチ,すし,ピザ,べんとう,ミートパイ,ラビオリ,菓子及びパン,即席菓子のもと,アイスクリームのもと,シャーベットのもと,アーモンドペースト,イーストパウダー,こうじ,酵母,ベーキングパウダー,氷,酒かす」、第32類「清涼飲料,果実飲料,飲料用野菜ジュース,乳清飲料」を指定商品として、平成12年12月1日に設定登録されたものである。

2 登録異議の申立ての理由
本件商標は、特定の品質を有するウイスキーの普通名称である「BOURBON」の文字を有してなるから、これをバーボンウイスキーを含有するもの、或いはバーボンウイスキー風味を有するもの以外の指定商品に使用した場合には、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがある。
また、第32類の商品に関して使用された場合には、該商品がバーボンウイスキーの製造者又はそれと何らかの関係を有する者の出所に係るものであるかの如き混同を生ずるおそれがある。したがって、本件商標は、商標法第4条第1項第16号及び同第15号に該当し、その登録は取り消されるべきである。

3 当審の判断
本件商標は、別記のとおりであるところ、その構成中に表示されている「BOURBON」の文字は、商品「ウイスキー」との関係からみれば、登録異議申立人(以下「申立人」という。)が主張するように、トウモロコシを主原料とする米国産のウイスキー「bourbon whiskey(バーボンウイスキー)」を指称するものということができる。
しかしながら、「bourbon」の語は、「(フランスの)ブルボン王家の人」(三省堂発行「新コンサイス英和辞典」)の意味をも有する語であり、わが国の国語辞典に「ブルボン王朝(岩波書店発行「広辞苑」、講談社発行「日本語大辞典」)、「ブルボン家」(小学館発行「国語大辞典」)等の項が設けられ、「ブルボン」に関する語が掲載されている事実も考慮すると、該「bourbon」の語が「バーボンウイスキー」の「バーボン」を表したものと理解される場合のあることは否定するものではないが、むしろ、一般的には「ブルボン王家」「ブルボン王朝」「ブルボン家」等の「ブルボン(ブルボン王朝のブルボン)」を表したものとして理解されると判断するのが相当である。
加えて、本件商標には「ブルボン」の文字をも含む構成よりなるところ、「BOURBON」及び「ブルボン」の文字よりなる商標は、本商標権者により永年使用された結果、我が国においては、同人の業務に係る商品「菓子」を表示する商標として、取引者・需要者の間に広く認識されているといい得るものである。
また、本件商標の指定商品は、前記のとおりであって、これらの商品の中には、その製造過程においてウイスキーやブランデー等の洋酒が使用される場合があるとしても、それは、主要な原材料としてではなく、単に香り付け、風味付けのために使用される添加物の一つとして使用されるに止まるというべきものであり、しかも、その添加物としてバーボンウイスキーが使用されて広く知られているという事実も見当たらない。
そして、他に、本件商標を商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるものとするに足りる証拠はない。
そうとすれば、本件商標は、これをその指定商品に使用しても、取引者・需要者が「BOURBON」の文字部分より、その商品が「バーボンウイスキーを含有するもの」或いは「バーボンウイスキー風味を有するもの」と理解、把握するとは認められない。
申立人は、本件商標をその指定商品中の第32類に属する商品に使用した場合、該商品がバーボンウイスキーの製造者又はそれと何らかの関係を有する者の出所に係るものであるかの如き混同を生ずるおそれがあると主張するが、本件商標中の「BOURBON」の文字部分は、第32類に属する商品について商品の識別標識としての機能を十分に果たすものと認められるから、取引者、需要者は該文字を商品の識別標識とのみ理解するものというべきであって、これを商品の製造業者の事業内容を表したものと理解し、該事業を営む者に係る商品であろうと出所について混同するものとは到底判断することができない。
そうとすれば、本件商標は、商品の品質の誤認を生ずるおそれはないものであり、また、商品の出所について混同を生ずるおそれもないものといわなければならない。
してみれば、本件商標は、商標法第4条第1項第16号及び同第15号の規定に違反して登録されたものではない。
したがって、本件商標の登録は、同法第43条の3第4項の規定に基づき、維持すべきものである。
よって、結論のとおり決定する。
別掲
本件商標
(登録第4437247号商標)



(色彩については原本参照)
異議決定日 2001-10-02 
出願番号 商願平9-148448 
審決分類 T 1 651・ 272- Y (Z3032)
T 1 651・ 271- Y (Z3032)
最終処分 維持 
前審関与審査官 佐藤 松江 
特許庁審判長 廣田 米男
特許庁審判官 宮下 行雄
野本 登美男
登録日 2000-12-01 
登録番号 商標登録第4437247号(T4437247) 
権利者 株式会社ブルボン
商標の称呼 ブルボン、バーボン 
代理人 一色 健輔 
代理人 鈴木 知 
代理人 町田 真喜 
代理人 原島 典孝 
代理人 原 秋彦 
代理人 黒川 恵 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ