• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 取り消して登録 Z12
管理番号 1041931 
審判番号 不服2001-465 
総通号数 20 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2001-08-31 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2001-01-12 
確定日 2001-07-16 
事件の表示 平成11年商標登録願第109588号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願商標は、登録すべきものとする。
理由 1 本願商標
本願商標は、別掲に表示するとおりの構成よりなり、第12類「船舶並びにその部品及び附属品(「エアクッション艇」を除く。),エアクッション艇,航空機並びにその部品及び附属品,鉄道車両並びにその部品及び附属品,自動車並びにその部品及び附属品,二輪自動車・自転車並びにそれらの部品及び附属品,乳母車,人力車,そり,手押し車,荷車,馬車,リヤカー,車いす,荷役用索道,カーダンパー,カープッシャー,カープラー,牽引車,陸上の乗物用の動力機械(その部品を除く。),軸,軸受,軸継ぎ手,ベアリング,動力伝導装置,緩衝器,ばね,制動装置,陸上の乗物用の交流電動機又は直流電動機(その部品を除く。),タイヤ又はチューブの修繕用ゴムはり付け片,乗物用盗難警報器,落下傘」を指定商品として、平成11年11月29日に登録出願されたものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、その構成中に「CAR」の文字を有してなるものであるから、これをその指定商品中「自動車並びにその部品及び附属品」以外の商品に使用するときは、その商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるから、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、別掲に示すとおり「CAR」の文字と「PAPA」の文字とをハイフンにより結合してなるところ、これを構成する各文字は、同じ書体をもって外観上まとまりよく一体的に表現されていて、しかも、これを全体として称呼しても「カーパラ」と無理なく自然に称呼し得るものである。
そして、たとえ、構成中の「CAR」の文字部分が自動車を意味する語であるとしても、かかる構成においては、これが特定の商品の品質、用途等をを具体的に表示するものとして直ちに理解し得るものとはいい難く、むしろ、本願商標は構成全体をもって一体不可分の造語を表したものとみるのが自然である。
してみれば、本願商標は、これをその指定商品中「自動車並びにその部品及び附属品」以外の商品について使用しても、それが恰も前記商品であるかの如く商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるとはいい得ないものである。
したがって、本願商標が商標法第4条第1項第16号に該当するとした原査定は妥当でなく、その理由をもって本願を拒絶すべきものとすることはできない。
その他、本願を拒絶すべき理由を発見しない
よって、結論のとおり審決する。
別掲 本願商標

審決日 2001-06-22 
出願番号 商願平11-109588 
審決分類 T 1 8・ 272- WY (Z12)
最終処分 成立 
前審関与審査官 巻島 豊二板谷 玲子 
特許庁審判長 原 隆
特許庁審判官 小林由美子
野上サトル
商標の称呼 カーパラ、パラ 
代理人 玉田 修三 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ