• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 商3条1項3号 産地、販売地、品質、原材料など 登録しない 009
審判 査定不服 商4条1項16号品質の誤認 登録しない 009
管理番号 1032908 
審判番号 審判1997-13627 
総通号数 17 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2001-05-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 1997-08-08 
確定日 2000-12-27 
事件の表示 平成 7年商標登録願第 62577号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 理 由
1 本願商標
本願商標は、後掲に示すとおり、「スッキリダクト」の文字を横書きしてなり、第9類「配管用化粧カバー,その他の電線及びケーブル」を指定商品として、平成7年6月21日に登録出願されたものである。

2 原審の拒絶の理由
原査定は、「本願商標は、指定商品との関係において、すっきりと収納できるダクトの意味合いを容易に認識させる『スッキリダクト』の文字を書してなるものであるから、これをその指定商品中、前記の文字に照応する商品(例えば、ケーブル用ダクト)に使用するときは、単に商品の品質を表示するにすぎないものと認める。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当し、前記商品以外の商品に使用するときは商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるから、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定し、本願を拒絶したものである。

3 当審の判断
本願商標は、その構成後掲に示すとおり、「スッキリダクト」の片仮名文字を書してなるところ、これを構成する前半の「スッキリ」の文字部分は、「余計なものがなく気持よく整っているさま。気分や味わいが爽快であるさま。」等を意味する「すっきり」の邦語を片仮名で表したものと理解され(株式会社岩波書店発行「広辞苑 第五版」より)、また、後半の「ダクト」の文字部分は、「冷暖房装置用の風道、電線や電話線などを収納する線渠、導管」等を意味するものとして世上親しまれている平易な外来語であるから、これらの文字を結合させた本願商標の全体からは「すっきりとしていて見栄えのよいダクト」の如き意味合いを容易に看取し得るものと認められる。
そして、該「すっきり」の語は「すっきり収まるコンパクトなボディ」(パーソナルミニディスクシステム)、「すっきりデザイン」、「コンパクトにすっきりセッティング」(液晶モニター)等の如く見栄えよく整っている様子を表すものとして普通に使用されているものである。
また、近時、まちづくりにおいては、設備機器類を地下に入れること等によりすっきりした景観形成が考えられ、住宅の外観等を考える場合においても、例えば、エアコンの配管カバーや専用ダクトを使用することによりその取付けをきれいにすっきりと仕上げ、建物全体を美しくみせること等は普通一般に行われているものである。
そうとすれば、「スッキリダクト」の文字(語)は、その指定商品との関係においては、「配管をむき出しにせず見栄えよくした冷暖房装置用のダクト(導管)或いはそのカバー」又は「乱雑になりやすい電線やケーブル等をきれいにすっきりと収納できるダクト(線渠)」であること、すなわち、その品質を表示したものとみるのが取引の実情に照らし相当である。
しかして、本願商標をその指定商品中の「配線用化粧カバー,電線及びケーブル用ダクト」について使用した場合、これに接する取引者、需要者は、前記事情よりして該商品の品質を表示したものとして理解するに止まり、自他商品の識別標識とは認識し得ないものというべきであり、かつ、前記以外の商品について使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるものといわなければならない。
してみれば、本願商標を商標法第3条第1項第3号および同法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は、妥当なものであって取り消すことはできない。
請求人は、「スッキリ」或いは「ダクト」の文字と他の文字との結合商標が一体不可分な造語と判断され、「スッキリ」の文字や当該他の文字により構成される登録商標と併存しているとして、登録例(甲第1号証ないし同第9号証)を挙げて本願商標の登録適格性を主張しているが、それらの事例は商標の具体的構成及び指定商品において本願商標とは事案を異にするものであり、それら事例をもって本願商標の登録の適否を判断する基準とするのは必ずしも適切でなく、また、本願については前記認定を相当とするものであるから、その主張は採用することができない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲 本願商標


審理終結日 2000-10-12 
結審通知日 2000-10-27 
審決日 2000-11-08 
出願番号 商願平7-62577 
審決分類 T 1 8・ 13- Z (009)
T 1 8・ 272- Z (009)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 熊谷 道夫石田 清 
特許庁審判長 原 隆
特許庁審判官 宮川 久成
野口 美代子
商標の称呼 スッキリダクト 
代理人 荒川 伸夫 
代理人 安藤 淳二 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ