• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 観念類似 登録しない 030
管理番号 1006423 
審判番号 審判1998-18564 
総通号数
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 商標審決公報 
発行日 2000-06-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 1998-11-20 
確定日 1999-11-17 
事件の表示 平成8年商標登録願第113903号拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。
理由 1 本願商標
本願商標は、「流氷の天使クリオネ」の文字を書してなり、第30類「菓子及びパン」を指定商品として、平成8年10月8日に登録出願されたものである。
2 原査定の引用商標
これに対し、原査定において、本願商標の拒絶の理由に引用した登録第3119245号商標(以下、「引用商標」という。)は、「流氷の妖精クリオネ」の文字を書してなり第30類「菓子及びパン」を指定商品として、平成5年5月28日登録出願、平成8年1月31日に登録されたものである。
3 当審の判断
よって判断するに、巻き貝の一種「クリオネ」(和名「ハダカカメガイ」)は、オホーツクの流氷の下に生息しており、今日、全国多くの水族館でもみることができる。そして、この「クリオネ」は、半透明で内臓器官か透けて見えるほか体の両脇にある突起をフワフワ漂わせる姿が天使を思わせることから、人々に「流氷の天使」または「流氷の妖精」とも形容され親しまれているところである。
ところで、本願商標及び引用商標は、「流氷の天使クリオネ」及び「流氷の妖精クリオネ」の各文字を書してなるものであるが、当該文字中前半部の「流氷の天使」及び「流氷の妖精」の各文字部分は、いずれも上記「クリオネ」の前に冠し使用される形容的語句(愛称)といえるものである。
そうとすれば、本願商標及び引用商標は、いずれも巻き貝の一種で「流氷の天使(または流氷の妖精)と呼ばれているクリオネ」を観念させるものである。
してみれば、本願商標と引用商標とは、外観及び称呼上相違する点があるとしても、巻き貝の一種「(流氷の天使=流氷の妖精)クリオネ」の観念を同じくする類似の商標と認められ、かつ、その指定商品も同一のものである。
したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第11号に該当し、登録をすることができない。
よって、結論のとおり審決する。
審理終結日 1999-08-18 
結審通知日 1999-09-07 
審決日 1999-09-24 
出願番号 商願平8-113903 
審決分類 T 1 8・ 263- Z (030 )
最終処分 不成立 
前審関与審査官 渡口 忠次内山 進 
特許庁審判長 寺島 義則
特許庁審判官 小林 由美子
滝沢 智夫
商標の称呼 1=リ+ユ-ヒ+ヨ-ノテンシクリオネ 2=リ+ユ-ヒ+ヨ-ノテンシ 3=クリオネ 
代理人 斎藤 栄一 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ